トップページ > 商品紹介 > クラッチバック(燕矢金襴・和小物さくら)

商品紹介

クラッチバック(燕矢金襴・和小物さくら)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

現代的なセンスに定評のある和小物さくら。生地から縫製まで細やかな気配りとセンスの行き届いたクラッチバックです。

“燕矢金襴(つばめやきんらん)”と呼ばれる古典的な文様が、現代的な配色で表現されています。このバックの為に、和小物さくらが配色を考え別注で誂えた金襴地が用いられています。すっきりとした白地に金銀の箔糸。紫の色糸がアクセントになっています。

正面の姿は輪郭の直線と文様の曲線がバランスよく組み合わされ、クラシックな美しさが感じられます。金具の細かな細工、裏面の鋲(びょう)、内側の縫製など、隅々まで拘りを感じる仕上がりで、シンプルなデザインですがしっかりとした存在感を感じさせてくれます。和装はもちろん洋装のバックとしてもオススメです。

■素材について
平面の織物を立体のバックに仕立てているため、角の部分などはどうしても細かな糸浮きがみられる場合がございます。何卒ご理解ください。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

クラッチバック(燕矢金襴・和小物さくら)

【素材】
表生地:絹
【生地巾】
約26.5cm
【生地丈】
奥行上面:約3cm 底面:約7cm・高さ約9cm
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 生絹(すずし)と呼ばれる張りのある地に、矢羽を上下にずらしたような独特の美しい経絣が織り出されています。染料となる草木の栽培から、染め(絣)、そして織(手織り)までを一貫して手掛ける国画会会員山下健さん・・・
  • “上布(じょうふ)”という言葉をご存じでしょうか。上質の麻織物をさす名称ですが、現在では越後・宮古・八重山など、限られた産地でごくわずかに生産が続けられています。そして今回ご紹介する、能登(のと)上布。・・・
  • まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりし・・・
  • 竺仙を代表するコーマ生地の浴衣です。シンプルな白地に、濃藍と緑みのある金茶色で割付草花が注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。上質な生地と、昔ながらの染めに拘った竺仙の浴衣。江戸末期から磨かれてき・・・
  • 夏らしい鮮やかな黄色を染め上げた「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為“雪花”と呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら丁寧に折りたたみ、木製の型には・・・
  • こっくりと…京友禅らしい深みのある濃青紫の地色に、手描きの真糊糸目友禅で「御所解き文様」が描かれた、きもの創り小阪の付下です。京都でも本当に僅かになってしまった、本糊とも呼ばれる“真糊糸目友禅(まのり・・・