トップページ > 商品紹介 > 帯匠丹波屋 九寸名古屋帯(淡刈安色・仏蘭西装飾文)

商品紹介

帯匠丹波屋 九寸名古屋帯(淡刈安色・仏蘭西装飾文)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

織物の聖地、京・西陣。
かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所で、そして機械式織機によって生み出されています。“西陣・手機”の帯地に拘る、のこり僅かな機屋。その中で、今回は帯匠丹波屋(おびしょうたんばや)をご紹介します。

18世紀半ば、初代丹波屋甚兵衛が丹波国(現在の京都府中部)から西陣に移り住み、織屋を創業しました。当代で10代目、250年以上の歴史を持つ西陣の老舗機屋です。
京都・大宮通西裏芦山寺 京都らしい縦長の母屋の裏に丹波屋の機場はあります。びっしりと並んだ機の下にふと目をやると、床板が外され地面が50センチ程掘り下げてあります。
「湿度を呼ぶために掘ってあるんですよ。昔の人はほんまよう考えはります」と、当代の清水さん。「紋紙も今はフロッピーのとこが多いんですけど、うちは昔のまま、紙の紋紙です。ほんまかさばりますけどね(笑)」現在はご家族と職人4名での物づくり。出来上がる数は決して多くありませんが、筋の通った織味は信頼も厚く、洛風林などの別注品も手掛けています。

西陣に機械化の波が押し寄せた時代、多くの機屋が効率化や生産性を求め機械式織機を導入していきました。しかし丹波屋は変わらず手織りの道を選択します。

“合理的な織物ではなく、美しい織物を手掛けたい”

そんな機屋としての誇りと、自分達の感性を信じる道を選んだ帯匠丹波屋。

手織りであること。
西陣で織ること。
素材・意匠に拘ること。
常に新鮮さを求めること。
美しい織物を織るための、大切な“こと”を変わらず守り続けています。

鮮やかな淡刈安色(かりやすいろ:緑かかった黄色)に仏蘭西装飾文が織り出されています。地組織や文様部分の独特なモール織など丹波屋らしい糸使い。織物では珍しい鮮やかな地色も、けして下品にならず、文様の差し色と絶妙なバランスを保っています。
紬から御召、小紋などに合わせてお楽しみ頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

■帯匠丹波屋について
織物の聖地、京・西陣。かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に、盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所…続きは下記をご覧ください。
読み物|滋賀喜織物・帯匠丹波屋 http://www.okimono.jp/info/story_detail/index/22.html

帯匠丹波屋 九寸名古屋帯(淡刈安色・仏蘭西装飾文)

【素材】
絹90% 指定外繊維(和紙・箔)10%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
¥220.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 「玉むし」と呼ばれる、多色に染め上げた竺仙の浴衣です。やや薄手の綿紬生地に抽象的な竹垣と草花文様を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。竺仙では珍しい多色の浴衣ですが、使われている色と微妙な暈し具・・・
  • 白鼠色で絞り染めを施した帯地に、宝尽くしの文様がたっぷりとした刺繍で描かれています。京友禅の老舗、工芸キモノ野口の刺繍九寸名古屋帯です。工芸キモノ野口は、享保18年(1733年)初代金谷安部兵衛が京・油小・・・
  • ほんのりと緑みを帯びた淡い甕覗色の地に、繊細な筆致で「桜」が描かれた、塩瀬名古屋帯です。まず目に映るのは、"ろうけつ"と呼ばれる技法でたっぷりと描かれた枝垂れ桜。一般的なお太鼓の柄付の2倍ほ・・・
  • 光によって大きく表情を変える地組織に「花籠異文」と名付けられた文様が織り出されています。京・西陣、桝屋高尾(ますやたかお)によって手掛けられた"ねん金綴錦"袋帯です。1935年、京・西陣で生まれた高尾弘氏・・・
  • 野村半平(のむらはんぺい)氏をご存知でしょうか。明治37年結城市で生まれた野村半平氏は、高等小学校を卒業後、結城紬の職人の道へ。戦中の奢侈禁止令から結城を守り、国の重要無形文化財指定に奔走した、まさに・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・