トップページ > 商品紹介 > 洛風林 袋帯(胡粉色・甍波文)

商品紹介

洛風林 袋帯(胡粉色・甍波文)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

「甍波文(いらかなみもん)」と名付けられた、洛風林の袋帯です。

すっきりとした淡い胡粉色の地色に“甍波(いらかなみ)”をモチーフにした意匠。甍とは瓦の事。重なり合う瓦を、寄せては返す波に見立てる…そんな日本人らしい描写をモチーフに、洛風林らしい解釈とデザイン(意匠)で表現しています。
所々真綿を絡ませた独特の糸使いは、見る角度や光の加減によって表情が変化します。意匠、配色、地色、用いられる糸質や織製技法、そのすべてがうまく重なり、大人の遊び心を感じさせてくれる素敵な仕上がりです。

洛風林(らくふうりん)は、1954年創業者である堀江武氏が「真実に美しいものは常に新しい」を信条として掲げ、独立したことからはじまります。修行先でもある、三宅清治郎をはじめ、白州正子、河合寛治郎、棟方志功等多くの文化人との交流の中で審美眼を磨き、まだ海外旅行が珍しい時代に世界中を旅しました。古今東西の染織品、工芸品を蒐集、研究しそこから感じたイメージを帯の制作に落とし込んでいったのです。
帯地の制作にあたっては自社で機は持たず、洛風林同人と呼ばれる西陣等の機屋に製織を依頼。この仕組みは今も変わらず受け継がれています。現代でも樋口可南子さん、森田空美さん、稲葉賀恵さんなどを始め、多くの著名人・着物通から厚い信頼を寄せられています。

少し話がそれてしまいましたが、色数を抑え六通柄(タイコから前腹+手先に柄付)で織りだされたこの帯地からは、あくまで帯として、着る方を引き立てるような 「余白」と言うか、懐の深さを感じます。言葉にするのはとても難しいのですが、帯だけが悪目立ちするでもなく、かといって平凡な淡彩さでもない。そんなバランスがとても良いように思うのです。

ごくごく僅かに透け感を感じるさらりとした生地風は、袷時期はもちろん、単衣のお着物の上に合わせて頂くのもおすすめです。写真のような薄色の着物はもちろん、濃い地色のお着物にもよく映えます。
単純な言葉で表現するのは難しいのですが、すっきりとした織物や小紋、色無地、付下、訪問着など少し幅広い着物に合わせて、コーディネイトを楽しんで頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

■洛風林について
創業者である堀江武氏は1923年、当時西陣帯地界の重鎮であった三宅清治郎の元で修行の住込奉公を始めます。独立後は「 真実に美しいものは、常に新しい」を信条として掲げ、1954年、屋号を「洛風林」 とし、独自の作品作りをはじめました… 続きは下記をご覧ください。
読み物|工芸帯地洛風林 http://www.okimono.jp/info/story_detail/index/6.html

洛風林 袋帯(胡粉色・甍波文)

【素材】
絹90% 指定外繊維(和紙・箔)10%
【生地巾】
約31cm
【生地丈】
約4.6m
【価格】
¥324.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • ごくごく淡く紫かかった薄梅鼠色(紫みのシルバーグレー)の地色に、綾織と呼ばれる織組織で細かな組違い市松文様が織り出されています。美しい艶と、透明感のある色彩。菊池洋守さんの八丈織です。菊池洋守さんは・・・
  • 艶感を感じる灰白色(かいはくしょく)の地に、躍動感のある唐花文様が織り出されています。「唐花果実文」と名付けられた織楽浅野(しょくらくあさの)の名古屋帯。色彩を抑え、限られた色数から生まれる独自の世界・・・
  • 「名物花兎文(めいぶつはなうさぎもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。うっすら黄色味かかった、甘すぎない灰桜色(ピンクベージュ)の地色に、名物裂から範を得た“花兎”の意匠(デザイン)。手織りな・・・
  • 生絹(すずし)と呼ばれる張りのある地に、矢羽を上下にずらしたような独特の美しい経絣が織り出されています。染料となる草木の栽培から、染め(絣)、そして織(手織り)までを一貫して手掛ける国画会会員山下健さん・・・
  • 淡くうっすらと黄色みかかった生成り色の地色に“浮線丸文(ふせんまるもん)”と名付けられた文様が織り出されています。有職織物の一つ、“二陪織物(ふたえおりもの)”。ふっくらとした絵緯(文様を織り出す緯糸)に用・・・
  • たっぷりとしたシボの強り肉厚の縮緬生地に、三つ葉葵文を染め上げた工芸キモノ野口(京友禅)の小紋です。深みのある朱、はんなりとした紫、金彩に映える深緑…一つ間違えばまとまりがなくなりそうな挿し色を、すっ・・・