トップページ > 商品紹介 > 和小物さくら 純銀金細工帯留(花籠・イタリアナポリ)

商品紹介

和小物さくら 純銀金細工帯留(花籠・イタリアナポリ)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

“美しい手仕事に国境は無い”そんな事を再認識させてくれるイタリア・ナポリで制作された帯留。純銀細工の台に光を抑えた金を重ね、その上からエナメルや天然石の装飾が施されています。

帯留の歴史を紐解けば、江戸時代まで遡るといわれています。江戸から昭和、移り行く時代の中で着物と同じように、帯留もまた様々な変化を遂げてきました。そして現在の着物において、帯留は必ずしも必要なものではないかもしれません。着物をお召になられる方でも、帯留を使われた事がない方は決して少なくないはずです。

けれども、どうしてでしょう。きものの中で実用(着物を着る事には必要)のない小さな装飾品が装いの要になることがあります。体の中央、そして相手からみれば一番近い距離にある帯留がもつ不思議な力。彫金・ガラス細工・木工・象嵌など着物や帯では用いることのできない様々な素材と表現(技法)が、布と装う人を一層引き立ててくれるのです。

つい堅苦しいお話になってしましましたが、“素敵な装いには素敵な小物が欠かせない”シンプルにいえばそう言う事だと私は考えます。
細かな細工が目を引く花籠(はなかご)のデザインに、花柱にあしらわれたサファイアと透明感のある緑が映え、日本の職人が手掛ける帯留とは一味違う雰囲気を保っています。シンプルなコーディネイトのアクセントに…帯留をコーディネイトの主役に…お手持ちのお着物や帯とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。

■手仕事について
手仕事の商品の為、わずかな寸法差(ゆがみ)などが生じてしまいます。手仕事の証として、工業製品にはない味わいとして何卒ご理解ください。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

和小物さくら 純銀金細工帯留(花籠・イタリアナポリ)

【素材】
金・銀・サファイア
【生地巾】
約2cm(最大部分)
【生地丈】
高さ約2.5cm(最大部分) 奥行約0.8cm(最大部分)
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 「十字絣(じゅうじかすり)」と名付けられた、洛風林の八寸名古屋帯です。ごくごく淡く黄色みを感じる生成色の地色に、洛風林の帯地の中でも非常に珍しい”絣”の表現で、”十字絣”が織り出されています。やや太めの・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい裂作りをはじ・・・
  • まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりし・・・
  • 「今どきこんな美しい布はめったにないのです」民藝運動の父、柳宗悦の著書「芭蕉布物語」の一節です。沖縄県大宜味村喜如嘉(きじょか)。ここで平良敏子さんを中心に、かつて柳宗悦が訪れたこの地でみた芭蕉布の・・・
  • まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりし・・・
  • どんな言葉で表現すれば、この織物のふんわりと優しい質感がお伝えできるでしょうか。他のどの産地、作り手のものとも異なる、唯一無二の"絹味"。"手おりの中の手織"と名付けられた、廣瀬草・・・