トップページ > 商品紹介 > 雪花絞り浴衣(綿麻・淡黄色)

商品紹介

雪花絞り浴衣(綿麻・淡黄色)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

夏らしい鮮やかな黄色を染め上げた「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為“雪花”と呼ばれています。

雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら丁寧に折りたたみ、木製の型にはめ込み、生地の端を染料につけ染める「板締め絞り」と呼ばれる技法で染められています。生地のたたみ方、染料の浸透具合により染上りの表情は様々で、同じ様に染めたとしてもまったく同じものはできません。丁寧な手仕事と偶然が生み出すやさしい味わいが近年大変人気を呼んでいます。

用いられている綿麻生地は綿の吸湿性と麻のシャリ感、その両方の良い所を合わせたような、優しい肌触りの生地です。適度な透け感もあり、夏らしい清涼感を感じさせてくれます。
半巾帯はもちろんですが、博多紗献上や麻の八寸帯などを締めて頂くと、より一層大人の浴衣姿を演出して頂けると思います。大人の浴衣として、大切に長く着て頂ける、きっとそんな一枚になるはずです。

■お仕立てについて
お手入れ時の縮み軽減のための水通し後、弊店にて裁ち合わせを行います。その後弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
ご家庭での水洗いが可能です。洗剤は使わず、やさしく押し洗いして下さい。色落ち、縮みが気になる場合は、ドライクリーニングをおすすめします。いずれも自己責任でのお手入れとなりますので、品質表示をよくご確認下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

雪花絞り浴衣(綿麻・淡黄色)

【素材】
綿30% 麻70%
【生地巾】
約39cm
【生地丈】
約12m
【価格】
¥70.400-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 竺仙の高級浴衣、綿紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。落ち着いた藍色で染め上げた流水に千鳥文様。生地・・・
  • 「そよ風」と名付けられた、関美穂子(せきみほこ)さんの型絵染め九寸名古屋帯です。単純な言葉では何とも表現し難い、柔らかみを感じる臙脂色の地に、蝶や木立、そして風に舞うリボンでしょうか…伸びやか・・・
  • 瑞々しい淡い水色と薄群青色(ぐんじょう)の青みの濃淡が、縞を基調とした経絣で表現されています。反物を持っただけでわかる軽やかな風合い。手で糸を紡ぎ・草木で染め・手織で織り上げた、士乎路(しおじ)紬のき・・・
  • 「宝尽し文」と名付けられた、洛風林の袋帯です。すっきりと透明感を感じる白地に“宝尽し”をモチーフにした意匠。隠れ蓑に打出の小づち、祇園守…そんな伝統的な吉祥文を、洛風林らしい解釈と・・・
  • 光によって大きく表情を変える地組織に「花籠異文」と名付けられた文様が織り出されています。京・西陣、桝屋高尾(ますやたかお)によって手掛けられた"ねん金綴錦"袋帯です。1935年、京・西陣で生まれた高尾弘氏・・・
  • 「糸が一番大切」この強い信念の元、座繰り【ざぐり】と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、一つ一つ確かめながら進む織、その全てを一貫して行う芝崎重一さん、圭一さんの座繰り紬です。「矢車の実・・・