トップページ > 商品紹介 > 藤山千春 吉野間道九寸名古屋帯(草木染手織物・緯吉野)

商品紹介

藤山千春 吉野間道九寸名古屋帯(草木染手織物・緯吉野)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

柔らかな赤みを感じる深い墨色(すみいろ)の地に、“緯吉野(ぬきよしの)”と呼ばれる織組織で間道文様が表現されています。反物に触れただけで分かる独特の糸使い。草木で染め手織に拘る、藤山千春さんの吉野間道九寸名古屋帯です。

藤山千春さんは1944年、東京都品川生まれ。女子美術大学在学中から“民芸運動の父”と呼ばれた柳宗悦氏の甥、“柳悦孝(やなぎよしたか)氏”に師事。卒業後は、悦孝氏の工房に住み込みで織物を学ばれました。

現在では“藤山千春さん=吉野間道”そんなイメージがすっかり定着したのではないでしょうか。それ程までに藤山さんの手がける吉野間道は、織技術の高さに裏打ちされた、独特の色彩美が貫かれています。師である悦孝氏から、卒業の際に頂かれたという手紙には、こんな一節があります。
「ある時は己を堅く持ち、またある時は己を振り捨てて自由になりなさい。仕事においてはものにとらわれぬことが大切です。」
人生を織物に捧げてきた藤山さんにとって、折にふれて読み返すこの手紙に、幾度となく励まされ気付かされることが沢山あったことではないでしょうか。

作品の端には、藤山さんの思い、そして藤山さんを代表する作品となった吉野間道の説明が記されています。
*以下本文。原文ママ

草木染手織物 吉野間道

かつて人々は、自然を崇拝しおそれ愛し、そしてその恵みをいただき、様々な形で生活に取り入れていました。たとえば身につけるものにしても、蚕を飼い糸を紡ぎ草木を煮出して糸を染め、自らの手で織っていたのです。

草木染手織物の美しさとぬくもりに惹かれて
かつて宿場町として栄えた品川の地で私たちは、昔ながらの染と織を受けつぎ、さらに新しい方法を模索しながら日々糸に向かっています。求める色が出るまで何度も何度も糸を染め、経糸と緯糸の無限に広がる美の可能性を追い求めて一本一本心を込めて織り上げています。

間道-様々な色彩の線が織りなす美
間道は室町時代中国から伝わり経縞・緯縞・格子柄を総称する織物です。その美しさに魅せられた多くの茶人たち、千利休・今井宗薫・古田織部によって愛好されました。

吉野間道
寛永三名妓とうたわれた吉野太夫に京都の豪商灰屋紹益が贈ったといわれる織物で、浮織を太縞。細縞に打ち込み独特な風合を持ちます。かの名茶人松平不昧もこれを好み、自らその写しを中国にしたと伝えられています。美しい草木の色彩と間道の組織との調和で縞織物の美しさを余すことなく伝える織方です。

草木染め独特の深みのある地色が、文様部分に用いられた薄緑、茶、辛子、薄紫などと美しく調和しています。お太鼓の柄は結ぶ位置で随分と表情が変化しますので、ぜひ色々な結び位置をお楽しみください。(1・5枚目写真参照)
また光の加減、合わせるお着物の色目によっても、目に映る色が変化し様々な表情を感じさせてくれる帯地です。写真のような薄色の着物はもちろん、濃い地色のお着物にも。小紋や紬、お召などに合わせて頂ければ素敵ではないでしょうか。お手持ちのお着物とのコーディネイトなどもお気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■写真・色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。また染と織たかはしオンラインショップでは、その他の写真を多数掲載しております。ぜひご覧ください。
染と織たかはしオンラインショップ http://kimonotakahashi.shop-pro.jp

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

■藤山千春 略歴
1944年 東京都生まれ
1968年 女子美術大学付属高校卒業
1971年 女子美術大学工芸科卒業
1975年 柳悦孝氏に師事
1978年 品川区大井町で染織業を始める
国展・日本伝統工芸展に出展

藤山千春 吉野間道九寸名古屋帯(草木染手織物・緯吉野)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい・・・
  • 淡い象牙色と薄鈍色(うすにびいろ)で横段を織り出した地に、躍動感のある牡丹唐草が織り出されています。「牡丹唐草段文」と名付けられた織楽浅野(しょくらくあさの)の袋帯。色彩を抑え、限られた色数から生まれ・・・
  • “上布(じょうふ)”という言葉をご存じでしょうか。上質の麻織物をさす名称ですが、現在では越後・宮古・八重山など、限られた産地でごくわずかに生産が続けられています。そして今回ご紹介する、能登(・・・
  • 「緑草」と名付けられた、国画会加藤富喜さんの九寸名古屋帯です。加藤富喜さんは1972年生まれ。女子美術大学大学院を卒業後、毎年国画会へ出品。現在は国画会会員、そして母校の女子美術大学で非常勤講師を務め・・・
  • こっくりと…京友禅らしい深みのある黒地に、手描きの京友禅で「文箱と乱れ紐」が描かれた、塩瀬名古屋帯です。たっぷりとした重目の塩瀬生地。深みのある黒地に映える、糸目と金彩。意匠、彩色共にシンプルですが・・・
  • 瑞々しい薄桜(うすざくら)色の地に、薄紫と淡い橙色の細い縞、そして"綾織"と呼ばれる織組織で細かな円形市松文様が織り出されています。草木の柔らかな色彩と美しい艶感。佐藤新一さんの"白たか・・・