トップページ > 商品紹介 > 洛風林 九寸名古屋帯(琵琶螺鈿文・蝦色)

商品紹介

洛風林 九寸名古屋帯(琵琶螺鈿文・蝦色)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

「琵琶螺鈿文(びわらでんもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。

光の角度によって表情を変える、深みのある蝦色(えびいろ/深赤紫色)の地色。宝相華(ほうそうげ)と呼ばれる正倉院に伝わる琵琶にあしらわれた螺鈿細工をモチーフにした意匠。手織りならではの驚くほど柔らかく織り上げられた地風に、所々独特のしぼが表現されています。洛風林らしい大らかな意匠に地色と差し色のバランス、用いられる糸質と織の正確さ、それらが上手く重なり、非凡な存在感を感じさせてくれます。

洛風林(らくふうりん)は、1954年創業者である堀江武氏が「真実に美しいものは常に新しい」を信条として掲げ、独立したことからはじまります。修行先でもある、三宅清治郎をはじめ、白州正子、河合寛治郎、棟方志功等多くの文化人との交流の中で審美眼を磨き、まだ海外旅行が珍しい時代に世界中を旅しました。古今東西の染織品、工芸品を蒐集、研究しそこから感じたイメージを帯の制作に落とし込んでいったのです。
帯地の制作にあたっては自社で機は持たず、洛風林同人と呼ばれる西陣等の機屋に製織を依頼。この仕組みは今も変わらず受け継がれています。現代でも樋口可南子さん、森田空美さん、稲葉賀恵さんなどを始め、多くの著名人・着物通から厚い信頼を寄せられています。

少し話がそれてしまいましたが、その身に沿うような、しなやかな締め心地も大きな魅力の一つです。私の母もその締め心地が大のお気に入りで、糸が擦り切れるまで、本当によく締めております。これまでに色々な帯を締めて頂いた方ほど、その柔らかな地風と締め心地に驚いていただけるではと思います。またタイコと前腹は柄を変える丁寧な仕事が施されています。

洛風林の名古屋帯の中でも、よそいきな印象を与えてくれる帯地です。小紋や紬、御召などはもちろん、色無地、軽めの付下などに合わせて頂いても素敵ではないでしょうか。重すぎず、さりとて軽すぎず…。無地感覚のきものに合わせて頂ければ、これまでの名古屋帯とはまた違った装いをお楽しみ頂けると思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなどもお気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■写真・色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。また染と織たかはしオンラインショップでは、その他の写真を多数掲載しております。ぜひご覧ください。
染と織たかはしオンラインショップ http://kimonotakahashi.shop-pro.jp

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

■洛風林について
創業者である堀江武氏は1923年、当時西陣帯地界の重鎮であった三宅清治郎の元で修行の住込奉公を始めます。独立後は「 真実に美しいものは、常に新しい」を信条として掲げ、1954年、屋号を「洛風林」 とし、独自の作品作りをはじめました… 続きは下記をご覧ください。
読み物|工芸帯地洛風林 http://www.okimono.jp/info/story_detail/index/6.html

洛風林 九寸名古屋帯(琵琶螺鈿文・蝦色)

【素材】
絹95% 指定外繊維(和紙・箔等)5%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
¥200.800-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • “上布(じょうふ)”という言葉をご存じでしょうか。上質の麻織物をさす名称ですが、現在では越後・宮古・八重山など、限られた産地でごくわずかに生産が続けられています。そして今回ご紹介する、能登(のと)上布。・・・
  • 「甍波文(いらかなみもん)」と名付けられた、洛風林の袋帯です。すっきりとした淡い胡粉色の地色に“甍波(いらかなみ)”をモチーフにした意匠。甍とは瓦の事。重なり合う瓦を、寄せては返す波に見立てる…そんな日本・・・
  • 「糸が一番大切」この強い信念の元、座繰り【ざぐり】と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、一つ一つ確かめながら進む織、その全てを一貫して行う芝崎重一さん、圭一さんの座繰り紬です。「矢車の実・・・
  • 「賑やかな秋」と名付けられた、国画会佐藤百恵さんの型絵染め九寸名古屋帯です。柔らかな生成り色の地に、秋色に色付いた葉っぱや木々が染められています。佐藤さんが師事された柚木沙弥郎さんもそうですが、帯・・・
  • 織物の聖地、京・西陣。かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所で、そして機械式織機によって生み出されています。“・・・
  • 竺仙の高級浴衣、綿紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。落ち着きのある青蘭色で染め上げた桔梗に霞文様。・・・