トップページ > 商品紹介 > ろうけつ染め 小紋着尺(灰白色・雪輪重ね)

商品紹介

ろうけつ染め 小紋着尺(灰白色・雪輪重ね)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

軽めのシボを感じる縮緬生地に、手加工のろうけつ染め(ローケツ/蝋纈)で雪輪重ねの文様が染められています。顔映りの良い灰白色(かいはくしょく)の地に、薄縹色(うすはなだいろ)の雪輪が映える小紋の着物地です。

雪輪の飛び柄は、小紋として決して珍しい柄ではないかもしれません。つまり、とてもシンプルでオーソドックスなデザインです。しかしそれだけに、用いられる生地の質、意匠と配色のバランス、その染に携わった職人の仕事の質、そういったものにごまかしがききません。

よくみれば一つ一つの雪輪に描かれた格子模様は、異なる細かさで描かれています。手仕事ならではリズム感を感じる仕上がり。柄と柄の余白も適度なメリハリを感じさせてくれます。あくまでも着る人を引き立てるように…そんな控えめな仕上がりがとても好印象を与えてくれます。

帯合わせ次第で幅広いコーディネイトがお楽しみ頂けるのでは思います。楽しい染帯を合わせて…格のある織帯でちょっとよそいきに…。シンプルで着回しのきく小紋は、きっとあなたを引き立ててくれます。お着物も素敵ですが、コートや羽織へのお仕立てもおすすめですよ。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

*コートや羽織へのお仕立てをご希望のお客様は、ご注文時にお知らせください。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿や袖口や裾等の部分洗い(溶剤)で十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■ガード加工について
ガード加工をご希望のお客様は、オンラインショップのプルダウンメニューより【+ガード加工】をお選びください。ご指定の無い場合の加工は、パールトーン加工となります。 その他の加工をご希望のお客様はご連絡をお願い致します。 ・シルクガード・ハジックガード加工等

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

ろうけつ染め 小紋着尺(灰白色・雪輪重ね)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約38.5cm
【生地丈】
約12.5m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 織物の聖地、京・西陣。かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所で、そして機械式織機によって生み出されています。“・・・
  • 「名物花兎文(めいぶつはなうさぎもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。うっすら黄色味かかった、甘すぎない灰桜色(ピンクベージュ)の地色に、名物裂から範を得た“花兎”の意匠(デザイン)。手織りな・・・
  • すっきりと…けれど単純な一色ではない空色(そらいろ)の地に、手描きの京友禅で「蝋梅(ろうばい)」が描かれた、塩瀬名古屋帯です。適度な厚みのある重目の塩瀬生地。すっきりとした地色に映える、淡黄色と胡粉の白・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • 透明感を感じる淡い生成り色の地に“花菱華文”と名付けられた文様が織り出されています。有職織物の一つ、“二陪織物(ふたえおりもの)”。ふっくらとした絵緯(文様を織り出す緯糸)に用いら・・・
  • 淡い象牙色と薄鈍色(うすにびいろ)で横段を織り出した地に、躍動感のある牡丹唐草が織り出されています。「牡丹唐草段文」と名付けられた織楽浅野(しょくらくあさの)の袋帯。色彩を抑え、限られた色数から生まれ・・・