トップページ > 商品紹介 > 芝崎重一・圭一 座繰り紬訪問着(熨斗目・淡鳥の子色)

商品紹介

芝崎重一・圭一 座繰り紬訪問着(熨斗目・淡鳥の子色)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

「糸が一番大切」

この強い信念の元、座繰り【ざぐり】と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、一つ一つ確かめながら進む織、その全てを一貫して行う芝崎重一さん、圭一さんの座繰り紬訪問着です。

ごくごく淡く、黄色掛ったやわらかな鳥の子色に(とりのこいろ)に、”熨斗目(のしめ)”と呼ばれる文様が織り出されています。藍や刈安を基調に、縞(経絣)・格子で構成されたデザインは、一般的な熨斗目よりも随分と柔らかな印象。初めてこういった熨斗目取りの織物をお召いただく方にも、馴染みやすいデザインです。

「着物は着るもの。だから何よりも着やすく。そしてその為には糸を可能な限り傷つけない様に」そんな思いから、座繰りによる製糸に行き着いた芝崎さん。座繰り糸特有の艶やかな質感と、光によって表情をかえる深い色。そして何よりも軽く、捌きのよいその着心地は、着物好きなお客様から大変厚い信頼を得ています。

強い信念と、時間を惜しまない仕事。そして常により良い物を探求する心。「作家」というよりは、「職人」と呼ぶべきでしょうか。そうして真面目に真面目に織りあげられたこの紬からは、深い存在感を感じます。そして、芝崎さんの反物を掴むと、深雪を踏んだ時のような「ギュッギュッ」という何ともいえない絹鳴りの感触がします。座繰り糸によるものなのだと思いますが、他の織物には無いとても心地よい感触です。

よい紬織物とは?その一つの答えが、芝崎さんの紬にはあるように思えます。言葉にすれば"訪問着"という呼び方になってしまいますが、あくまで紬・お洒落着として…袷はもちろん、お単衣でのお仕立ても大変お薦めです。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

*芝崎圭一さんは、芝崎重一さんの息子さんです。現在はご家族で作品を作られています。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿・袖口や裾等の部分洗いで十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■芝崎重一・圭一について
東京から約80km。群馬県伊勢崎市の長閑な住宅地に、芝崎重一・圭一さん親子の工房はあります。“座繰り(ざぐり)”と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、手機による織。「着物は着るもの。…続きは下記をご覧ください。
読み物|座繰り紬 -芝崎重一・芝崎圭一- http://www.okimono.jp/info/story_detail/index/21.html

芝崎重一・圭一 座繰り紬訪問着(熨斗目・淡鳥の子色)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約38cm
【生地丈】
約12.5m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 綾織(あやおり)と呼ばれる光沢感のある地風に、矢羽を上下にずらしたような独特の美しい経絣が織り出されています。染料となる草木の栽培から、染め(絣)、そして織(手織り)までを一貫して手掛ける国画会会員山下・・・
  • 織物の聖地、京・西陣。かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所で、そして機械式織機によって生み出されています。“・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい・・・
  • 竺仙の高級浴衣、綿紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。夏らしい白地に藍濃淡で染め上げた秋草文様。生地・・・
  • 透明感を感じる淡い生成り色の地に“花菱華文”と名付けられた文様が織り出されています。有職織物の一つ、“二陪織物(ふたえおりもの)”。ふっくらとした絵緯(文様を織り出す緯糸)に用いら・・・
  • 「花二月」と名付けられた、国画会会員岡本紘子さんの型絵染め九寸名古屋帯です。何とも言えない柔らかな薄鼠(うすねずみ)の地色に、大小様々な花がリズミカルに染められています。一瞬で心奪われる岡本さんの作・・・