トップページ > 商品紹介 > 刺繍九寸名古屋帯(春の野・鳥の子色)

商品紹介

刺繍九寸名古屋帯(春の野・鳥の子色)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

柔らかな鳥の子色(とりのこいろ)の地に施された霞取りの暈しに、土筆やスミレ、蕨などが丁寧な刺繍で描かれた、九寸名古屋帯です。

たっぷりとした厚みと艶感を感じる駒無地生地。鳥の子色から白へ…柔らかく変化していく"暈し"は刺繍同様、一流の職人の手によるもの。
そして春の草花を表現した繍。相良繍やマツイ繍など様々な技法がさりげなく組み合わされ、見れば見るほどに…その丁寧な仕事ぶりと美しい仕上がりに引き込まれていきます。前腹部分はお太鼓とデザインを変え、図案がきちんと上を向くように刺繍が施れているのも、嬉しいポイントです。

季節の柄を纏うことは、洋服には無い着物の醍醐味です。織物はもちろん小紋や御召、色無地などに合わせて、お楽しみ頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■ガード加工について
ガード加工をご希望のお客様は、オンラインショップのプルダウンメニューより【+ガード加工】をお選びください。ご指定の無い場合の加工は、パールトーン加工となります。 その他の加工をご希望のお客様はご連絡をお願い致します。 ・シルクガード・ハジックガード加工等

■写真・色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。また染と織たかはしオンラインショップでは、その他の写真を多数掲載しております。ぜひご覧ください。
染と織たかはしオンラインショップ http://kimonotakahashi.shop-pro.jp

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

刺繍九寸名古屋帯(春の野・鳥の子色)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
¥194.400-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • すっきりとした灰白色(かいはくしょく)の地色に、ピアノやドラム、トランペットなどの楽器柄を染め上げた長襦袢です。生地はしっかりとした、それでいて捌きの良い精華生地を使用しています。着物のコーディネイ・・・
  • 落ち着きを感じる淡い芥子色の地に、中世の刺繍をモチーフに「洲浜に松梅紋」と名付けられた文様が織り出されています。ふっくらとした絵緯(えぬき・文様を織り出す横糸)が印象的な、齋藤織物の唐織名古屋帯です・・・
  • 暑い夏もようやく終わり、着物シーズンの到来。お出かけ前にあれやこれやとコーディネイトに想いを巡らせるのも楽しい時間です。そしていざ当日…が、あいにくの雨。「秋雨や水底の草を踏み渡る」…なんて呑気に一・・・
  • 織物の聖地、京・西陣。かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所で、そして機械式織機によって生み出されています。“・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • 「十字絣(じゅうじかすり)」と名付けられた、洛風林の八寸名古屋帯です。ごくごく淡く黄色みを感じる生成色の地色に、洛風林の帯地の中でも非常に珍しい”絣”の表現で、”十字絣”が織り出されています。やや太めの・・・