トップページ > 商品紹介 > 菊池洋守 八丈織着尺(吉野格子・青墨色)

商品紹介

菊池洋守 八丈織着尺(吉野格子・青墨色)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

しっとりと青みを帯びた濃い青墨色の地に、平織を基本に"吉野格子"と呼ばれる織組織で、格子文様が織り出されています。美しい艶と、透明感のある色彩。菊池洋守さんの八丈織です。

菊池洋守さんは、1940年東京都八丈島生まれ。“民芸運動の父”と呼ばれた柳宗悦氏の甥、“柳悦博(やなぎよしひろ)氏”に師事されます。1962年に独立。故郷の八丈島に工房を構え、以降50年以上に渡って織物と向き合ってこられました。白州正子さんとも交流があり、「こうげい」で作品が取り扱われていたことでも知られています。

一般的にいえば、八丈島と言えば"黄八丈”が有名でしょうか。古来からの伝統を守り、鮮やかな地色(黄・鳶・黒)が印象的な織物です。
一方菊池さんの手がける”八丈織(はちじょうおり)”は、黄八丈の伝統的な織技法をベースに、すっきりとしたシンプルな配色が中心です。現代の街並みに馴染み、着る方を引き立てる色と織。そして写真では伝わりづらいですが、菊池さんの八丈織は非常に軽やかな風合いです。反物を手に取った時、そして着物になって纏った時に感じる軽やかさは、糸への拘りと高い手織りの技術があればこそ。お単衣にもおすすめの地風です。

こちらの八丈織は、弊店の別誂えで制作して頂いたものです。菊池さんもお年を重ねられ、年々仕上がる点数が少なってきた事もあり、制作のお願いをしてから約1年、ようやく待った甲斐のある、素晴らしい八丈織が織りあがりました。
はじめてこういった光沢感のある織物をご覧になられるお客様からは、「これは紬ですか?」とよくお尋ね頂きます。同じ先染めの織物ですが、糸と織の違いによってその表現は様々。一般的なイメージで言えば、真綿糸の紬、ほっこりとした結城などが”紬らしい紬”でしょうか。 一方、菊池さんの八丈織はその正反対。光によって浮かびあがる美しい艶と、透明感のある色彩。織物ですが、染物に負けない”よそいき感”を感じさせてくれます。

帯合わせ次第で幅広いコーディネイトがお楽しみ頂ける八丈織。趣ある染帯を合わせて…格のある帯でよそいきに…。これまでの”織物”とはまた違ったコーディネイトをお楽しみ頂ければと思います。シンプルで着回しのきく地色は、きっとあなたを引き立ててくれます。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

*森田空美さんの著書「灰色光 Ash&Light」に、菊池さんの作品が多数掲載されています。コーディネイト・生地の光沢感のご参考にご覧ください。

■写真・色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿・袖口や裾等の部分洗いで十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

菊池洋守 八丈織着尺(吉野格子・青墨色)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約38cm
【生地丈】
約12.5m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • *こちらはきものsalon2018年春夏号(2018/2/20発売)に、女優の知花くららさんご着用で掲載して頂いた商品です。現状は未仕立てとなっております。透明感のある淡柳色(やなぎいろ)の地に、「ムーア唐草文」と名付け・・・
  • うっすらと赤みを帯びた黄橡色の地が、自然の色そのままの重なりで織り出されています。糸そのものの息遣いを感じる、しな布(科布・榀布とも)八寸名古屋帯です。絹や木綿が普及する遥か昔より、人々の生活に寄り・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた藍色で染め・・・
  • 瑞々しい淡い水色と薄群青色(ぐんじょう)の青みの濃淡が、縞を基調とした経絣で表現されています。反物を持っただけでわかる軽やかな風合い。手で糸を紡ぎ・草木で染め・手織で織り上げた、士乎路(しおじ)紬のき・・・
  • 三年前、偶然見かけた一枚の布。私の中で何かが閃き、一瞬で心が奪われました。伸びのあるデザインに、シンプルで心地よい配色。一枚の布から感じた印象は、その後初めてお会いした”大木夏子さん”そのものでした・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい・・・