トップページ > 商品紹介 > 綿麻小紋浴衣(白地・蝶々)

商品紹介

綿麻小紋浴衣(白地・蝶々)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

夏らしい清涼感を感じる白地に、すっきりと蝶々を染め上げた綿麻小紋浴衣です。一般的な注染染めではなく、一反一反職人の手による“しごき染め”と呼ばれる技法で染められています。

生き物を題材にした帯や着物は少なくありませんが、なかなか心惹かれる物に出会うことはありません。ともすれば安っぽく、また力み過ぎた表現になってしまうのです。綿麻の素材感と、柔らかな色彩が重なり、品良く愛らしい仕上がりです。

また用いられている綿麻生地は綿の吸湿性と麻のシャリ感、その両方の良い所を合わせたような、優しい肌触りの生地です。適度な透け感もあり、夏らしい清涼感を感じさせてくれます。
半巾帯はもちろんですが、博多紗献上や麻の八寸帯などを締めて頂くも素敵ではないでしょうか。また小さなお子様の浴衣や甚平などへのお仕立てもおすすめです。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
お手入れ時の縮み軽減のための水通し後、弊店にて裁ち合わせを行います。その後弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
ご家庭での水洗いが可能です。洗剤は使わず、やさしく押し洗いして下さい。色落ち、縮みが気になる場合は、ドライクリーニングをおすすめします。いずれも自己責任でのお手入れとなりますので、品質表示をよくご確認下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

綿麻小紋浴衣(白地・蝶々)

【素材】
綿70%・麻30%
【生地巾】
約38.5cm
【生地丈】
約12m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 「甍波文(いらかなみもん)」と名付けられた、洛風林の袋帯です。すっきりとした淡い胡粉色の地色に“甍波(いらかなみ)”をモチーフにした意匠。甍とは瓦の事。重なり合う瓦を、寄せては返す波に見立てる…そんな日本・・・
  • *こちらはきものsalon2018年春夏号(2018/2/20発売)に、女優の知花くららさんご着用で掲載して頂いた商品です。現状は未仕立てとなっております。透明感のある淡柳色(やなぎいろ)の地に、「ムーア唐草文」と名付け・・・
  • 「玉むし」と呼ばれる、多色に染め上げた竺仙の浴衣です。やや薄手の綿紬生地に抽象的な竹垣と草花文様を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。竺仙では珍しい多色の浴衣ですが、使われている色と微妙な暈し具・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。深い藍鉄色(やや紫かかった濃藍色)に秋草をあしらった丸文を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿・・・
  • 「賑やかな秋」と名付けられた、国画会佐藤百恵さんの型絵染め九寸名古屋帯です。柔らかな生成り色の地に、秋色に色付いた葉っぱや木々が染められています。佐藤さんが師事された柚木沙弥郎さんもそうですが、帯・・・
  • 落ち着きのある砂色の地に、名物裂をモチーフにした花文が織り出されています。「天平花文」と名付けられた織楽浅野(しょくらくあさの)の名古屋帯。色彩を抑え、限られた色数から生まれる独自の世界観。糸使い、・・・