トップページ > 商品紹介 > 京友禅小紋着尺(淡練色・紅葉)

商品紹介

京友禅小紋着尺(淡練色・紅葉)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

ごくごく細かな起伏で紗綾型のような地紋を織り出した白生地に、手加工で"紅葉"を染め上げた京友禅の小紋です。光の加減で様々に表情を変える淡い練色の地に、やや濃い目の錆緋色と鉛丹色に色付いた紅葉がよく映えています。あくまでも着る人を引き立てるように…そんな柄と柄の"間"も心地よい仕上がりです。

こちらの小紋は“型糸目(かたいとめ)”と糸目友禅の“手挿し(てざし)”と呼ばれる技法を併用して染められています。輪郭を型紙で置いた後、文様に一つ一つ手で色を挿していきます。白生地の長さは約13メートル。この長さを均一な加減を保ちながら、「すっすっ」と大小様々な筆が染料と生地の間を行き来します。
型糸目・手挿し・地色(引き染め)・金彩・蒸し水元…細かな工程を入れればもっと多くの“手仕事”を経てようやく一反が仕上がります。ですから一般的な付下などと比べても遜色のない、しっかりとした手仕事(加工)が施されています。

“紅葉”は着物や帯によく用いられる古典的な文様ですが、なかなか心惹かれる物に出会うことはありません。ともすれば単なる古典の踏襲になりがちな文様に、デザインと配色、そして柄と柄の"間(間隔)"が上手く重なり、不思議な新鮮さを感じさせてくれます。

帯合わせ次第で幅広いコーディネイトがお楽しみ頂けるのでは思います。楽しい染帯を合わせて…格のある帯で少しよそいきに…。シンプルで着回しのきく小紋は、きっとあなたを引き立ててくれます。お着物も素敵ですが、コートや羽織へのお仕立てもおすすめです。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

*コートや羽織へのお仕立てをご希望のお客様は、ご注文時にお知らせください。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿や袖口や裾等の部分洗い(溶剤)で十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■ガード加工について
ガード加工をご希望のお客様は、オンラインショップのプルダウンメニューより【+ガード加工】をお選びください。ご指定の無い場合の加工は、パールトーン加工となります。 その他の加工をご希望のお客様はご連絡をお願い致します。 ・シルクガード・ハジックガード加工等

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。
 

京友禅小紋着尺(淡練色・紅葉)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約38.5cm
【生地丈】
約12.5m
【価格】
¥162.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。白地にすっきりとした芒(すすき)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿絽は段絽(乱絽)と言い、絽・・・
  • 「ベネチア唐草文」と名付けられた、洛風林の袋帯です。深みを感じる黒色の地に“唐草”をモチーフにした意匠。本歌ははっきりと分かりませんが、日本でも古くから愛されてきた唐草文様を、洛風林らし・・・
  • *こちらは、きものsalon2018年春夏号(2018/2/20発売)に、女優の壇れいさんご着用で掲載して頂いた商品です。現状は仮絵羽(モデル仕立て)となっております。透明感を感じる淡い天色(あまいろ)の地色に、ひらひらと・・・
  • 三年前、偶然見かけた一枚の布。私の中で何かが閃き、一瞬で心が奪われました。伸びのあるデザインに、シンプルで心地よい配色。一枚の布から感じた印象は、その後初めてお会いした”大木夏子さん”そのものでした・・・
  • 透明感を感じる淡い生成り色の地に“花菱華文”と名付けられた文様が織り出されています。有職織物の一つ、“二陪織物(ふたえおりもの)”。ふっくらとした絵緯(文様を織り出す緯糸)に用いら・・・
  • 淡い深緑色に大輪の花柄を染め上げた「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為“雪花”と呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら丁寧に折りたたみ、木製の型に・・・