トップページ > 商品紹介 > 京友禅 付下着尺(琳派団扇に草花・染の川勝)

商品紹介

京友禅 付下着尺(琳派団扇に草花・染の川勝)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

透明感を感じる白緑の地に、菊や菖蒲、紅葉などが繊細な筆致で描かれています。「団扇に草花」と名付けられた、手描きの京友禅付下着尺です。

躍動感を感じる流水を背景に、団扇と季節の花々が描かれています。本歌はおそらく琳派でしょう。洗練された構図と配色、そして琳派らしいどこか柔らかさを感じる、デフォルメされた意匠。シンプルですが、一つ一つの手仕事の質の高さが醸し出す、上質な品格を感じる仕上がりです。

京都でも年々少なくなっていく“手描き友禅(てがきゆうぜん)”。1本1本、丁寧に描かれた糸目の線は、繊細さと柔らかさ、その絶妙なバランスが美しい仕上がりです。

下絵・糸目・色挿・糊伏せ・地染・蒸し水元・刺繍など、細かく分ければ20以上の工程を経て、ようやく一反のきものが完成する手描き友禅。それぞれの工程は分業、異なる職人の手仕事で行われています。

繊細な糸質を感じるしなやかな生地に、京友禅らしい"はんなり"とした配色が映える付下です。四季の花々が描かれていますので、季節を問わず御召いただけるのも嬉しいポイントです。

きっと私の拙い文章と写真では、この付下の美しさの半分もお伝えできていないと思います。ぜひお手に取って、手仕事の素晴らしさをご覧頂ければ幸いです。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

*肩裄が長い方に広巾生地で…地色をご希望の色目に変えて…など別染めのご注文も承っております。お気軽にご相談下さい。

■写真・色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。

■ガード加工・紋入れなどについて
ガード加工・紋入れなどをご希望のお客様は、ご注文時に備考欄よりお申し付け下さい。その他お仕立てに関するご希望などもお気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿・袖口や裾等の部分洗いで十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

京友禅 付下着尺(琳派団扇に草花・染の川勝)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約38cm
【生地丈】
約12.5m
【価格】
¥324.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • *こちらはきものsalon2018年春夏号(2018/2/20発売)に、女優の知花くららさんご着用で掲載して頂いた商品です。現状は未仕立てとなっております。透明感のある淡柳色(やなぎいろ)の地に、「ムーア唐草文」と名付け・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい・・・
  • いつまでも新鮮な美しさをとどめ、着る人に静かに寄り添う、そんな着物を…。きもの創り京都・小阪小阪豊さんの手がける染物は、古典を踏まえながらも、現代的な感性の意匠、都会的な色彩、そして着る人を・・・
  • 「甍波文(いらかなみもん)」と名付けられた、洛風林の袋帯です。すっきりとした淡い胡粉色の地色に“甍波(いらかなみ)”をモチーフにした意匠。甍とは瓦の事。重なり合う瓦を、寄せては返す波に見立てる…そんな日本・・・
  • 織物の聖地、京・西陣。かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所で、そして機械式織機によって生み出されています。“・・・
  • 涼やかな"柳橋に流水"を京友禅で表現した、無双(むそう)九寸名古屋帯です。細かな友禅が施された流水の“透け感”、これは帯芯に描いた文様が表生地から透けることによって、何とも言えない・・・