トップページ > 商品紹介 > 京友禅小紋着尺(灰梅色・疋田散し)

商品紹介

京友禅小紋着尺(灰梅色・疋田散し)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

ごくごく細かなしぼを感じる白生地に、型友禅と染疋田で、雪輪や菊・楓などが描かれた京友禅の小紋です。控えめながらも、華やかさを感じる灰梅色の地に、京友禅らしい水色や紫の染疋田がよく映えています。あくまでも着る人を引き立てるように…そんな柄と柄の"間"も心地よい仕上がりです。

こちらの小紋は“型糸目(かたいとめ)”と“染疋田(そめひった)”と呼ばれる技法を併用して染められています。輪郭を型紙で置いた後、一つ一つの文様に、疋田を染めていきます。白生地の長さは約13メートル。この長さを均一な加減を保ちながら、「すっすっ」と大小様々な筆と刷毛が、染料と生地の間を行き来します。
型糸目・染疋田・地染め(引き染め)・蒸し水元…細かな工程を入れればもっと多くの“手仕事”を経て、ようやく一反が仕上がるのです。

雪輪や菊の飛び柄は、小紋として決して珍しい柄ではないかもしれません。つまり、とてもシンプルでオーソドックスなデザインです。しかしそれだけに、その染めに携わった職人の仕事の質、そういったもののごまかしがききません。
ともすれば単なる古典の踏襲になりがちな文様に、デザインと配色、そして柄と柄の"間(間隔)"が上手く重なり、不思議な新鮮さを感じさせてくれます。

帯合わせ次第で幅広いコーディネイトがお楽しみ頂けるのでは思います。楽しい染帯を合わせて…格のある帯で少しよそいきに…。シンプルで着回しのきく小紋は、きっとあなたを引き立ててくれます。お着物も素敵ですが、コートや羽織へのお仕立てもおすすめです。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

*コートや羽織へのお仕立てをご希望のお客様は、ご注文時にお知らせください。

■写真・色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿・袖口や裾等の部分洗いで十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

京友禅小紋着尺(灰梅色・疋田散し)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約37.8cm
【生地丈】
約12.5m
【価格】
¥194.400-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 鮮やかな瑠璃紺と白、夏らしいコントラストが美しい「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為、“雪花”と呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら・・・
  • 草木染め特有の“柔らかさ”を感じる退紅色(赤みを抑えたピンク色)に、大名縞が織り出されています。手織りならではのふんわりとあたたかな風合い。信州・三才山(みさやま)の地で、草木染め手織りに拘る横山俊一郎・・・
  • 柔らかな生成り色の地に、蒲公英やスミレ、蕨などが繊細な筆致で描かれています。「春のおとずれ」と名付けられた、手描きの京友禅九寸名古屋帯です。一見すると単純な平織と見間違えるほど、細かな文織が施され・・・
  • *こちらは美しいキモノ2018年秋号に掲載して頂いた商品です。現状は未仕立て(反物)となっております。ふんわりと柔らかな糸質を感じる小千谷紬の地に、トルコの民族衣装"カフタン(kaftan)"から範を得た・・・
  • きもの好きにとって小物の収納は頭の痛い悩みです。出来るだけコンパクトに、かつ分かりやすく…そんなお客様の声から生まれた弊店オリジナルの万能桐小物箱。取り外しが可能な仕切り付の収納箱二段に深め・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい・・・