トップページ > 商品紹介 > 京友禅 塩瀬名古屋帯(枝垂れ桜・紫黒色)

商品紹介

京友禅 塩瀬名古屋帯(枝垂れ桜・紫黒色)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

こっくりと…京友禅らしい深みのある紫黒色(しこく)の地に、手描き友禅で「枝垂れ桜」が描かれた、塩瀬名古屋帯です。

まず目に飛び込んでくるのは、たっぷりと描かれた枝垂れ桜。一般的なお太鼓の柄付の2倍ほどはあるでしょうか。ヒラヒラと舞い散る花びらの先に目をやると、タレ先にも贅沢に友禅が施してあります。もちろん前腹も抜かりなく、左右どちらにもたっぷりと桜が描かれています。

よく見れば桜の花びらや葉、そして枝に至るまで、大変細かな友禅が施されています。花びらや葉に施された、細かく柔らかな暈し。あえて照りを抑えた花弁の金彩。そしてリズム良く、動きを感じさせる糸目。お太鼓のポイントとなる部分には、品の良い繍が施してあります。
そして全体をまとめ上げる紫黒色の地色は、弊店のオリジナル(別注品)。深みのある色の仕上がりに、私も満足しています。

季節の柄を纏うことは、洋服には無い着物の醍醐味。よくどのようなタイミングで締めれば良いですかとお尋ねを頂きます。
もちろん描かれたデザインやTPOによっても様々ですが、例えば今回の桜のように限られた時期に見ごろを迎える花であれば、咲きはじめる1か月前位から、少し咲き始めた位までが良いのではと思います。やはり本物の花が満開で咲く美しさには敵いません。少し先取りが素敵かと思います。

前腹部分はお太鼓とデザインを変え、図案がきちんと上を向くように友禅が施されています。織物はもちろん小紋や御召、色無地などに合わせて、お楽しみ頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。


■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

京友禅 塩瀬名古屋帯(枝垂れ桜・紫黒色)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
¥216.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 日本最西端の島として知られる、沖縄県与那国島。台湾まで100km程のこの島で、琉球王朝の時代から続く独自の染織文化が、今も島民の方々によって守られています。年間約80反。沖縄各地で織られる“花織”の中でも極・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた藍色で染め・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた藍色で染め・・・
  • やや透け感を感じる張りのある生紬(なまつむぎ)地に“摺り友禅(すりゆうぜん)”と呼ばれる技法で、古渡金更紗文様が染められています。落ち着きのある生成り色の地に、茜色で織り出された縞と更紗の差・・・
  • *こちらは美しいキモノ2018年春号(2018/2/20発売)に、女優の羽田美智子さん着用で掲載して頂いた商品です。現状は未仕立て(反物)となっております。深みのある錆藍地に、大胆な斜め松皮取りの辻が花文様が染めら・・・