トップページ > 商品紹介 > タイ王室御用達 竹籠バッグ(プラニー/KOMKRIT工房謹製)

商品紹介

タイ王室御用達 竹籠バッグ(プラニー/KOMKRIT工房謹製)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。

タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりして篭などを制作しています。伝統工芸の一つですが、ここまで繊細な作品を作るにはやはり大変高い技術が必要で、選りすぐりの手技が窺えます。この工房で作られた美しい工芸品はタイ王室が国賓への贈答品としても用います。

タイの伝統のデザインをベースにしながら、きものに合わせる為の大きさや形を細かく指定して新たなデザインで作られた、こちらの竹籠バック。真正面の姿は、曲線と直線のバランスよく組み合わされ、クラシックな美しさが感じられます。持ち手、紐、裏面の曲線など隅々まで拘りを感じる仕上がりで、シンプルなデザインですがしっかりとした存在感を感じさせてくれます。

巾着部分は籠に合わせて1つ1つ生地を選び、日本国内で縫製・仕上げが行われています。昨年から巾着部分は紐を閉じたままでも物の出し入れができるよう、サイドにスリットが入っています。(7枚目写真参照)弊店でも毎年必ず売り切れてしまう人気の高いバックですが、1つ1つが手仕事の為、毎年限られた数しか生産ができません。

和装はもちろん洋装のバックとしてもオススメです。竹は使い込むほどに味わいを増してゆきます。そんな変化も楽しみながら、ご愛用頂ければと思います。

*7・8枚目の写真は、同じデザインの色・サイズ違いです。おおよそのサイズ感のご参考にご覧ください。

■自然素材について
自然の素材を使用しているため、どうしても細かな節や自然の傷がみられる場合がございます。また手仕事の商品の為、わずかな寸法差(ゆがみ)が生じてしまいます。自然素材・手仕事の証として、工業製品にはない味わいとして何卒ご理解ください。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

タイ王室御用達 竹籠バッグ(プラニー/KOMKRIT工房謹製)

【素材】
籠:竹 巾着:絹・麻・綿
【生地巾】
籠巾 外寸:約33.5cm 内寸:約32.5cm
【生地丈】
籠奥行 外寸:約11.5cm 内寸:約10.3cm / 籠高さ 約17.5cm
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 民藝運動の父、柳宗悦の著書にこんな一節があります。“この朝市で私共が見出して驚いたのは、俗に「丹波布」と呼ぶもので、婆さん達は短く、「丹波」と云っていた...私共が驚いたのは、その色の渋さ、織・・・
  • 淡くうっすらと赤みかかった枯色の地色に“浮線丸文(ふせんまるもん)”と名付けられた文様が織り出されています。有職織物の一つ、“二陪織物(ふたえおりもの)”。ふっくらとした絵緯(文様を織り出す緯糸)に用いられ・・・
  • 夏らしい鮮やかな黄色を染め上げた「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為“雪花”と呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら丁寧に折りたたみ、木製の型には・・・
  • 「玉むし」と呼ばれる、多色に染め上げた竺仙の浴衣です。やや薄手の綿紬生地に抽象的な竹垣と草花文様を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。竺仙では珍しい多色の浴衣ですが、使われている色と微妙な暈し具・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • “美しい手仕事に国境は無い”そんな事を再認識させてくれるイタリア・ナポリで制作された帯留。純銀細工の台に光を抑えた金を重ね、その上からエナメルや天然石の装飾が施されています。帯留の歴史を紐解けば、江・・・