トップページ > 商品紹介 > 京友禅 塩瀬九寸名古屋帯(淡甕覗・桜)

商品紹介

京友禅 塩瀬九寸名古屋帯(淡甕覗・桜)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

ほんのりと緑みを帯びた淡い甕覗色の地に、繊細な筆致で「桜」が描かれた、塩瀬名古屋帯です。

まず目に映るのは、"ろうけつ"と呼ばれる技法でたっぷりと描かれた枝垂れ桜。一般的なお太鼓の柄付の2倍ほどはあるでしょうか。桜の花びらや葉、そして枝に至るまで、職人の息遣いが聞こえてきそうな躍動感ある筆致で描かれています。

描かれた桜は、単純な白一色ではなく、枝や花びらに濃淡(強弱)が表現されているのがお分かりいただけますでしょうか。線の強弱やかすれ具合など、蝋をコントロールすることで生まれるその加減は職人の感覚によるもの。一度染め始めればやり直すことはできないため、職人の技量と感性がはっきりと出てしまいます。
熟練した職人が生地の上で、スッ、スッ、スッとリズムよく筆を動かす様子は、見ていてとても気持ち良いものです。

こちらの染帯は柄・生地・地色を染屋さんとご相談しながら、弊店の別注(誂え)で制作をして頂いたものです。写真ではその色味をお伝えするのが難しい、ほんのりと緑みを帯びた淡い甕覗の地色。「単調な甕覗きではなく、奥に緑みを感じる仕上がりに…」そんな難しいオーダーに、熟練の職人さんが見事に応えて下さいました。

季節の柄を纏うことは、洋服には無い着物の醍醐味。よくどのようなタイミングで締めれば良いですかとお尋ねを頂きます。
もちろん描かれたデザインやTPOによっても様々ですが、例えば今回の桜のように限られた時期に見ごろを迎える花であれば、咲きはじめる1か月前位から、少し咲き始めた位までが良いのではと思います。やはり本物の花が満開で咲く美しさには敵いません。少し先取りが素敵かと思います。

前腹部分も抜かりなく、お太鼓とデザインを変え、たっぷりと長めに描いて頂いております。織物はもちろん小紋や御召、色無地などに合わせて、お楽しみ頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。


■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

京友禅 塩瀬九寸名古屋帯(淡甕覗・桜)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
¥220.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 「ベネチア唐草文」と名付けられた、洛風林の袋帯です。深みを感じる黒色の地に“唐草”をモチーフにした意匠。本歌ははっきりと分かりませんが、日本でも古くから愛されてきた唐草文様を、洛風林らし・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • はんなりと…京友禅らしい柔らかな空色の地に、愛らしい千鳥が描かれています。京友禅の老舗、工芸キモノ野口の付下小紋着尺です。工芸キモノ野口は、享保18年(1733年)初代金谷安部兵衛が京・油小路四条上・・・
  • 「甍波文(いらかなみもん)」と名付けられた、洛風林の袋帯です。すっきりとした淡い胡粉色の地色に“甍波(いらかなみ)”をモチーフにした意匠。甍とは瓦の事。重なり合う瓦を、寄せては返す波に見立て・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた藍色で染め・・・
  • 淡くうっすらと黄色みかかった生成り色の地色に“浮線丸文(ふせんまるもん)”と名付けられた文様が織り出されています。有職織物の一つ、“二陪織物(ふたえおりもの)”。ふっくらとした絵緯(・・・