トップページ > 商品紹介 > 唐織袋帯(七宝花菱文)

商品紹介

唐織袋帯(七宝花菱文)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

七宝花菱文を織りだした、唐織の袋帯です。

6通で織りだされた意匠は、ふっくらとした緯糸の白と少し落ち着いた箔、そして地色の淡い墨色。非常に限られた色数で構成されています。それはあくまで着物を、そして着る人を引き立てるように…そんな作り手の想いやイメージを感じる仕上がりです。またとても締めやすそうな、軽く、しなやかな風合いも魅力的です。

そして特筆すべきは、なんと言ってもこの淡い墨色の地色ではないでしょうか。女性的なやわらかな意匠とは対照的な墨色が、帯全体の印象を引き締めてくれているように思います。決して甘くなりすぎず、凛としたフォーマル。黒や白、金や銀でもなく、淡い墨色。何ともいえないこの地色は、意外と幅広い着物の地色に合わせて頂けます。

ハレの日の盛装や、お茶事などに。色無地から、付下、訪問着などに合せてお楽しみ頂ければと思います。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

唐織袋帯(七宝花菱文)

【素材】
絹90% 金属糸繊維10%
【生地巾】
約31cm
【生地丈】
約4.4m
【価格】
¥242.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 「マグノリアの花」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。深みのある桑染色の地に、マグノリア(木蓮)をモチーフとした抽象的な花柄が織り出されています。手織りならではの驚くほど柔らかく織り上げられた・・・
  • 深みのある濃海松茶色の地に、「吉祥笹蔓文様」と名付けられた文様が織り出されています。ふっくらとした絵緯(えぬき・文様を織り出す横糸)が印象的な唐織袋帯です。適度な張りのある、さらりとした地風。躍動感・・・
  • 紺鼠で絞り染めを施した帯地に、鶴と亀、松竹梅がたっぷりとした刺繍で描かれています。京友禅の老舗、工芸キモノ野口の刺繍九寸名古屋帯です。工芸キモノ野口は、享保18年(1733年)初代金谷安部兵衛が京・油小路・・・
  • 光によって大きく表情を変える地組織に「花籠異文」と名付けられた文様が織り出されています。京・西陣、桝屋高尾(ますやたかお)によって手掛けられた"ねん金綴錦"袋帯です。1935年、京・西陣で生まれた高尾弘氏・・・
  • まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりし・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。深い藍鉄色(やや紫かかった濃藍色)に秋草をあしらった丸文を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿・・・