トップページ > 商品紹介 > 無双九寸名古屋帯(水草に金魚・淡新橋色)

商品紹介

無双九寸名古屋帯(水草に金魚・淡新橋色)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

ゆったりと水面に泳ぐ金魚を京友禅で表現した、無双(むそう)九寸名古屋帯です。
ゆらめく水草と水面の“透け感”、これは帯芯に描いた文様が表生地から透けることによって、何とも言えない透け感が表現されています。*5枚目の写真参照

辞書を引くと、無双とは“衣服の表と裏を同一の布地で仕立てること。また、そのもの。夢想。”とあります。やや聞きなれない言葉ですが、袷時期の長襦袢のお袖がこの“無双仕立て”にあたります。現在ではもう少し言葉を広く解釈し“文様を重ね合わせる”そんな時にもこの言葉を用います。


無双九寸名古屋帯(水草に金魚・淡新橋色)
夏らしい涼やかな仕上がり…

ふっくらと愛らしい金魚、その下から帯芯に描かれた水草や水流がのぞき、まるで金魚鉢を覗き込んだような、不思議な構図で描かれています。適度に張りのある紗の生地と、夏らしい淡い新橋色の地色も清涼感を感じさせてくれます。
生き物を題材にした帯や着物は少なくありませんが、なかなか心惹かれる物に出会うことはありません。ともすれば安っぽく、また力み過ぎた表現になってしまうのです。下絵、糸目、挿し色、地染めなど、この帯に携わった一つ一つの職人の技量とセンスが窺える、非凡な仕上がりです。

お締め頂く季節ですが、通常の夏帯と同じように6月から8月末までが最も適した季節かと思います。ただ年々、単衣・夏物を御召頂く季節が長くなっています。TPOにあわせて、もう少し長くお締め頂いてもよいかと思います。 紬、小紋、色無地などに合わせて...お手持ちのお着物とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。


■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■ガード加工について
ガード加工をご希望のお客様は、オンラインショップのプルダウンメニューより【+ガード加工】をお選びください。ご指定の無い場合の加工は、パールトーン加工となります。 その他の加工をご希望のお客様はご連絡をお願い致します。 ・シルクガード・ハジックガード加工等

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

無双九寸名古屋帯(水草に金魚・淡新橋色)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
¥242.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 東京から南に約290㎞、伊豆諸島の最南端に浮かぶ常春の島、八丈島。自然豊かなこの島で、数百年もの昔から変わらず織り続けられている絹織物、それが本場黄八丈です。黄、鳶、黒、全てが島の草木から染められる、・・・
  • はんなりと…京友禅らしい柔らかな空色の地に、愛らしい千鳥が描かれています。京友禅の老舗、工芸キモノ野口の付下小紋着尺です。工芸キモノ野口は、享保18年(1733年)初代金谷安部兵衛が京・油小路四条上・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。白地に可愛らしい梅鉢を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿絽は段絽(乱絽)と言い、絽目が不規則・・・
  • こちらはきものsalon2022-23年秋冬号に、前田愛さん着用で掲載して頂いた商品です。現状は本仕立て済(名古屋帯仕立て)となっております。「能衣菊唐草」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。瑞々しい黄色・・・
  • 東京都世田谷区、閑静な住宅街の一角に、柳崇さんと晋哉さんの工房はあります。民藝運動の父と呼ばれた柳宗悦の甥にあたる、柳悦博氏が崇さんの父であり、晋哉さんの祖父にあたります。悦博氏から受け継いだ柳家・・・
  • 瑞々しい淡い水色と薄群青色(ぐんじょう)の青みの濃淡が、縞を基調とした経絣で表現されています。反物を持っただけでわかる軽やかな風合い。手で糸を紡ぎ・草木で染め・手織で織り上げた、士乎路(しおじ)紬のき・・・