トップページ > 商品紹介 > 河野香奈恵 九寸名古屋帯(よるの森)

商品紹介

河野香奈恵 九寸名古屋帯(よるの森)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

緑みを帯びた花浅葱色の地に、縞と経絣、細かな浮織模様が織り出されています。「よるの森」と名付けられた河野香奈恵さんの九寸名古屋帯です。

河野さんは東京都青梅市出身。女子美術大学芸術学部工芸学科を卒業後、11年に渡りレース及び生地を扱うメーカーに勤務。デザイナーとして国内コレクションブランドや大手アパレル、下着メーカーと仕事をする傍ら、自宅をアトリエに改造し、2014年から手織作品の制作を開始されます。

そんな河野さんと初めてお会いしたのは七年程前、河野さんが主宰された京都での作品展でした。当時三十代の自分と同世代、染織を生業とする人との貴重な出会いに驚きと嬉しさが込み上げてきたのをよく覚えています。


河野香奈恵 九寸名古屋帯(よるの森)
綿薩摩と合わせて…


「よるの森」と名付けられた、こちらの作品。
まず目に映るのは、何とも言えない地色でしょう。花浅葱色に数滴、緑を垂らし込んだような深みのある仕上がりです。そして背景の縞と矢羽のような経絣、細かな浮織が重なり合い、織物とは思えぬ躍動感のある表情に仕上がっています。

きっと私の拙い写真では、この帯地の美しさの半分もお伝えできていないと思います。ぜひお手に取って、手仕事の素晴らしさをご覧頂ければ幸いです。
織物から小紋などに合わせて…お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。

河野香奈恵(こうのかなえ) 略歴
2009年 女子美術大学芸術学部工芸学科卒業
2015年 第89回国展 工芸部奨励賞受賞
2016年 第90回国展 新人賞受賞
2016年 第9回現代手織物クラフト公募展 奨励賞受賞
2017年 第91回国展 国画賞受賞
2019年 第93回国展 準会員推挙
2021年 第26回全国染織作品展 技術賞受賞
2022年 第15回現代手織物クラフト公募展 駒ヶ根シルクミュージアム館長賞受賞

*略歴等、説明文の一部を河野さんのホームページより引用しております。


■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

河野香奈恵 九寸名古屋帯(よるの森)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
¥286.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 光によって大きく表情を変える地組織に「花籠異文」と名付けられた文様が織り出されています。京・西陣、桝屋高尾(ますやたかお)によって手掛けられた"ねん金綴錦"袋帯です。1935年、京・西陣で生まれた高尾弘氏・・・
  • こっくりと…京友禅らしい濃青墨色の地に、手描き友禅で「宝尽くし」が描かれた塩瀬名古屋帯です。たっぷりとした重目の塩瀬生地。深みのある地色に映える、糸目と金彩。長い時間をかけて磨かれてきた古典・・・
  • 白地にさわやかな薄紫色を染め上げた「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為、“雪花”と呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら丁寧に折りたた・・・
  • すっきりと…けれど単純な一色ではない薄卵色の地色に、手描きの糸目友禅で「麗唐花文」が描かれた京友禅の付下です。長い時間をかけて磨かれてきた唐花文様を、現代の感性を生かした構図と配色で表現して・・・
  • 「花二月」と名付けられた、国画会会員岡本紘子さんの型絵染め九寸名古屋帯です。何とも言えない柔らかな薄鼠(うすねずみ)の地色に、大小様々な花がリズミカルに染められています。一瞬で心奪われる岡本さんの作・・・
  • まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりし・・・