トップページ > 商品紹介 > 齋藤織物 唐織袋帯(松藤文・淡群青)

商品紹介

齋藤織物 唐織袋帯(松藤文・淡群青)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

瑞々しい淡い群青色の地に、銀箔の立涌を背景に「松藤文」と名付けられた文様が織り出されています。ふっくらとした絵緯(えぬき・文様を織り出す横糸)が印象的な、齋藤織物の唐織袋帯です。

手織ならではの、適度に張りのあるさらりとした地風。躍動感のある意匠に、松に用いられた萱草色・空色・緑青色と鈍い金糸が美しく調和しています。伝統的な古典文様ですが、決して古さを感じないのは、その透明感のある配色の賜物ではないでしょうか。格式を保った文様と現代的な配色、それらが上手く混ざり合い、帯地としての非凡な存在感を感じさせてくれます。

齋藤織物は京都に店舗を構える呉服店”ぎをん齋藤“の7代目当主、齋藤貞一郎氏の手がける西陣織の機屋。細見美術館でコレクションの個展が開催されるほど、古裂の収集家として知られる齋藤氏が、自身のコレクションなどをモチーフに図案・組織などを考案されています。

また斎藤織物の一番の特徴である、ふっくらとした絵緯(えぬき・文様を織り出す横糸)には、生繭から手引きの座繰りで紡がれる“江州だるま糸”が使用されています。高い美意識と素材・織への拘りが重なりあい、帯地としての非凡な存在感を感じさせてくれます。

しっかりとした存在感と品格を感じる帯地です。やはりよそいきのお着物…色無地から付下、訪問着などに合わせてお楽しみ頂ければと思います。ハレの席などでお締め頂ければ、より帯地のもつ魅力を感じて頂けるはずです。お手持ちのお着物とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。


■価格について
諸事情により販売価格は非表示とさせて頂いております。何卒ご了承下さい。ご購入ご希望のお客様は、お問合せフォーム・メール・お電話などでお気軽にお問合せ下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

齋藤織物 唐織袋帯(松藤文・淡群青)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約31cm
【生地丈】
約4.6m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりし・・・
  • ふっくらとした紬織の生地に、“唐花文”が手刺繍によって描かれています。洗練された構図と配色、刺繍特有の立体感が美しい九寸名古屋帯です。友禅染めが生まれるよりもはるか昔から、"刺繍&quot・・・
  • 染織には人を魅了する不思議な力がある。たった一枚の布や裂が“人生を変える”そんな出会いになることがあるのです。今回ご紹介する手描きジャワ更紗の帯地は、そんな染織の不思議な力にみせられた藤・・・
  • 「今どきこんな美しい布はめったにないのです」民藝運動の父、柳宗悦の著書「芭蕉布物語」の一節です。沖縄県大宜味村喜如嘉(きじょか)。ここで平良敏子さんを中心に、かつて柳宗悦が訪れたこの地でみた芭蕉布の・・・
  • 涼やかな"柳橋に流水"を京友禅で表現した、無双(むそう)九寸名古屋帯です。細かな友禅が施された流水の“透け感”、これは帯芯に描いた文様が表生地から透けることによって、何とも言えない・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい・・・