トップページ > 商品紹介 > 無双九寸名古屋帯(虫篭に秋草・淡秘色)

商品紹介

無双九寸名古屋帯(虫篭に秋草・淡秘色)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

涼やかな秋草と虫篭を京友禅で表現した、無双(むそう)九寸名古屋帯です。
細かな友禅が施された虫篭の“透け感”、これは帯芯に描いた文様が表生地から透けることによって、何とも言えない透け感が表現されています。*2枚目の写真参照

辞書を引くと、無双とは“衣服の表と裏を同一の布地で仕立てること。また、そのもの。夢想。”とあります。やや聞きなれない言葉ですが、袷時期の長襦袢のお袖がこの“無双仕立て”にあたります。現在ではもう少し言葉を広く解釈し“文様を重ね合わせる”そんな時にもこの言葉を用います。

桔梗・萩・芒…すっきりと描かれた秋草、その下から帯芯に描かれた虫篭がのぞき、今もにも虫の音が聞こえてきそうな涼やかな構図です。適度に張りのある紗の生地と、夏らしい淡秘色(ひいろ:緑かかった水色)の地色も清涼感を感じさせてくれます。
“虫篭に秋草”は夏の着物や帯によく用いられる古典的な文様ですが、なかなか心惹かれる物に出会うことはありません。ともすれば単なる古典の踏襲になりがちな文様に、現代的な配色と無双という新たな試みが重なり、新鮮さを感じさせてくれます。下絵、糸目、挿し色、地染めなど、この帯に携わった一つ一つの職人の技量とセンスが窺える、非凡な仕上がりです。

お締め頂く季節ですが、通常の夏帯と同じように6月から8月末までが最も適した季節かと思います。ただ年々、単衣・夏物を御召頂く季節が長くなっています。TPOにあわせて、もう少し長くお締め頂いてもよいかと思います。 紬、小紋、色無地などに合わせてお楽しみ頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

無双九寸名古屋帯(虫篭に秋草・淡秘色)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約35cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 白鼠色で絞り染めを施した帯地に、宝尽くしの文様がたっぷりとした刺繍で描かれています。京友禅の老舗、工芸キモノ野口の刺繍九寸名古屋帯です。工芸キモノ野口は、享保18年(1733年)初代金谷安部兵衛が京・油小・・・
  • 透明感のある淡い胡粉色の地に、「染分け」と名付けられた文様が描かれています。染織作家、仁平幸春(にへいゆきはる)さんの九寸名古屋帯です。仁平さんは1965年東京生まれ。高校のデザイン科を卒業後、料理人を・・・
  • 独特の光沢感を感じるシャンパンゴールドの地に、洗練されたデザインでワイングラスやシャンパングラスが織り出されています。「glass」と名付けられた織楽浅野(しょくらくあさの)の名古屋帯、意匠・配色は京・室・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • しっとりと深みのある藍鉄色の地に、綾織と呼ばれる織組織で細かな"組違い小市松文様"が織り出されています。美しい艶と透明感のある色彩。菊池洋守さんの八丈織です。菊池洋守さんは、1940年東京都八・・・
  • まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりし・・・