トップページ > 商品紹介 > 築城則子 小倉織九寸名古屋帯(花待つ日・小倉縞帯)

商品紹介

築城則子 小倉織九寸名古屋帯(花待つ日・小倉縞帯)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

染織には人を魅了する不思議な力がある。
たった一枚の布や裂が“人生を変える”そんな出会いになることがあるのです。

今回ご紹介する築城則子さんも、そんな染織の不思議な力にみせられた一人。骨董店で偶然出会った"縞の古裂"。木綿とは思えぬその艶やかな質感と、縞を基調とした色彩の表現…築城さんが魅せられたその古裂こそ、昭和初期に途絶えた"小倉織"でした。

小倉織は、江戸時代頃より豊前小倉藩(現在の北九州市)の特産品として生産された綿織物。その丈夫で良質な風合いから、主に武士の帯や袴地、また庶民の日常着として広がり、江戸末期の最盛期には、1日あたり袴地で400反以上生産されていたといいます。しかし、時代の変化と工業化の波に飲まれ次第に衰退、昭和初期には完全に途絶えてしまいました。


築城則子
機に向かう築城さん…

築城則子さんは1952年、北九州市に生まれます。早稲田大学入学後、研究の一環として観劇した能でその衣装美に衝撃を受け、大学を中退。染織研究所に入学し、染織の基礎を学びます。その後は、沖縄県の久米島、信州の松本などで絣の技術を含めた紬織を学んでいきます。

そして、運命をかえる古裂との出会い。築城さんと小倉織の運命の線が交わった瞬間でした。その後2年以上の歳月を掛け研究・調査・試行錯誤を繰り返し、1984年ついに"小倉織"を復元。現代に生きる布として、小倉織が新たな産声を上げたのです。

小倉織の最大の特徴は、木綿と思えぬそのしなやかなで密な風合い。その秘密は、経糸の本数(密度)にあります。築城さんの小倉織は、経糸の本数が緯糸(横糸)の約3倍。約2300本もの経糸が織り込まれています。
言葉にすればあっという間ですが、この密度を整経し手機で織り上げていくことは、並大抵のことではありません。機に掛けた経糸が、綜絖(経糸を開口させる部分)を開くたび、こすれあい、強い摩擦を生みます。リズム・力加減・タイミング、そして織手と糸の呼吸を合わせなければ、織り進めることはできないのです。


築城則子
築城さんの工房にて…

築城さんの小倉織は、単なる過去の染織品の復元ではありません。小倉縞独特の縞柄を基調としながらも、その色彩美、意匠性は単なる"縞柄"に収まらない、現代に生きる工芸としての、新鮮さと味わいを感じさせてくれます。

織物とは思えぬ程、柔らかく広がりを見せる色彩。
時に大胆に…時に繊細に…様々な表情を見せる意匠。

縞を通して…自由と制約の中で表現される築城さんの世界観。手掛けられた作品には、いつも手書きの題名(タイトル)が添えられています。その全ての意味は分かりませんが、その時々に感じた作り手として想いが込められています。


築城則子
小倉織独特の、艶やかで密な風合い…

「花待つ日」と名付けらたこちらの作品。煎茶色の地に流れるような美しい縞が織り出されています。濃い色は桜の老木の樹皮から、淡い色は開花する前の桜の枝から煮出した染料で染められています。

「私にとって茶色は難しい色なんです。ちょっと間違うと野暮ったくなってしまう。なので、茶色の作品って少ないでしょ。笑 この色は濃い色も薄い色もどちらも桜から染めたものです。とても綺麗に染まって、納得のいく作品に仕上がりました。女性の一生をイメージして…デザインしたんですよ。」

きっと私の拙い文章と写真では、この帯地の美しさの半分もお伝えできていないと思います。ぜひお手に取って、ご覧頂ければ幸いです。お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。

築城則子(ついきのりこ)略歴
1952年 福岡県北九州市に生まる
1974年 染織研究所で染織の基本を学ぶ 久米島・信州などでも紬織について学ぶ
1978年 西部工芸展初入選
1984年 "小倉織"復元
1985年 小倉縞木綿帯"連"日本伝統工芸展初入選
1994年 "小倉縮"復元
1995年 遊生染織工房設立
1996年 人間国宝北村武資氏による"羅"伝承者養成研修に選出
2001年 日本伝統工芸染織展・鑑審査委員となる
2008年 第42回日本伝統工芸染織展 文化庁長官賞受賞
2010年 第45回記念西部伝統工芸展 朝日新聞社大賞受賞
2013年 第47回日本伝統工芸染織展 京都新聞社賞受賞


■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■写真・色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

築城則子 小倉織九寸名古屋帯(花待つ日・小倉縞帯)

【素材】
綿100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
お気軽にお問合せ下さい

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • はんなりと…京友禅らしい柔らかな空色の地に、愛らしい千鳥が描かれています。京友禅の老舗、工芸キモノ野口の付下小紋着尺です。工芸キモノ野口は、享保18年(1733年)初代金谷安部兵衛が京・油小路四条上・・・
  • 柔らかな生成り色の地に、蒲公英やスミレ、蕨などが繊細な筆致で描かれています。「春のおとずれ」と名付けられた、手描きの京友禅九寸名古屋帯です。一見すると単純な平織と見間違えるほど、細かな文織が施され・・・
  • 「野ばら」と名付けられた、日本工芸会正会員釜我敏子(かまがとしこ)さんの型絵染め九寸名古屋帯です。柔らかな乳白色の地に、伸びやかな意匠で抽象的な“野ばら”が染められています。“型絵染め”と言う技法の制約・・・
  • 紗綾型と菊地紋が織り出された艶やかな空色の地に、菊や桜、紅葉などが繊細な筆致で描かれています。「流水に百花」と名付けられた、手描きの京友禅訪問着です。躍動感を感じる流水を背景に、雪輪と季節の花々が・・・
  • きもの好きにとって小物の収納は頭の痛い悩みです。出来るだけコンパクトに、かつ分かりやすく…そんなお客様の声から生まれた弊店オリジナルの万能桐小物箱。取り外しが可能な仕切り付の収納箱二段に深め・・・
  • いつまでも新鮮な美しさをとどめ、着る人に静かに寄り添う、そんな着物を…。きもの創り京都・小阪小阪豊さんの手がける染物は、古典を踏まえながらも、現代的な感性の意匠、都会的な色彩、そして着る人を・・・