トップページ > 商品紹介 > 白たか織 鬼皺お召着尺(白鷹織/佐藤新一・高機草木紬)

商品紹介

白たか織 鬼皺お召着尺(白鷹織/佐藤新一・高機草木紬)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

瑞々しい薄白藍の地に、微妙な濃淡で細かな縞柄が織り出されています。草木の柔らかな色彩と、サラリとした心地よい肌触り。佐藤新一さんの"白たか織"工房で織り上げられた、鬼皺お召(おにしぼおめし)着尺地です。

辺りを山々が取り囲む自然豊かな、山形県西置賜郡白鷹町。かつては織物が盛んだった白鷹町も、現在は佐藤さんの"白たか織"と、小松織物工房さんの2軒の機屋を残すのみとなりました。


白たか織 鬼皺お召着尺
佐藤新一さんとご家族の皆さま…

現在、"白たか織"工房では、佐藤新一さんを中心にご家族での制作が続けれられています。

伝統的な草木染めや"板締"と呼ばれる絣作り、そして手織り(高機)による織など、そのほとんどの工程が今も手仕事によって重ねられています。出来上がる反数は決して多くありませんが、白鷹上布・白鷹紬・白鷹の手綾織など、魅力あふれる織物を手掛けられています。


白たか織 鬼皺お召着尺
藤岡敏恵さんの吉野織名古屋帯と合わせて…

そして今回ご紹介する、鬼皺お召。草木を染料に細かな縞柄が表現されています。はじめてこういった織物(お召)をご覧になられるお客様からは、「これは紬ですか?」とよくお尋ね頂きます。同じ先染めの織物ですが、糸と織の違いによってその表現は様々。一般的なイメージで言えば、真綿糸の紬、ほっこりとした結城などが"紬らしい紬"でしょうか。
一方、白たか織鬼皺お召は、そういった真綿系の織物よりもややよそ行きな印象を与えてくれます。強撚糸と仕上げの湯もみによって表れる"サラフワ"な生地感。お召いただいた時のドレープ、そして光によって変化する陰影が非常によいバランスです。

帯合わせ次第で幅広いコーディネイトがお楽しみ頂ける白たか織鬼皺お召。袷のお仕立ても良いですが、サラリとした風合いは、お単衣でお召頂くにも大変おすすめです。シンプルで着回しのきく地色は、きっとあなたを引き立ててくれます。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿・袖口や裾等の部分洗いで十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

白たか織 鬼皺お召着尺(白鷹織/佐藤新一・高機草木紬)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約38cm
【生地丈】
約12.5m
【価格】
¥242.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • いつまでも新鮮な美しさをとどめ、着る人に静かに寄り添う、そんな着物を…。きもの創り京都・小阪小阪豊さんの手がける染物は、古典を踏まえながらも、現代的な感性の意匠、都会的な色彩、そして着る人を・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい・・・
  • 「はっぱ」と名付けられた、荒川眞理子さんの型絵染め九寸名古屋帯です。荒川眞理子さんは、北海道小樽市生まれ。女子美術大学工芸科で、柳悦孝氏と柚木沙弥郎氏に師事されます。子育てによる休業を経て、1993年・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい・・・
  • 東京から南に約290㎞、伊豆諸島の最南端に浮かぶ常春の島、八丈島。自然豊かなこの島で、数百年もの昔から変わらず織り続けられている絹織物、それが本場黄八丈です。黄、鳶、黒、全てが島の草木から染められる、・・・
  • 「バスストップ」と名付けられた、国画会佐藤百恵さんの型絵染め九寸名古屋帯です。柔らかな勿忘草色(青みの強い水色)の地に、不思議な物語の想像が膨らむモチーフが描かれています。佐藤さんが師事された柚木沙・・・