トップページ > 商品紹介 > 盡政 唐錦袋帯(富貴松韻文・別織本金箔)

商品紹介

盡政 唐錦袋帯(富貴松韻文・別織本金箔)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

織物の聖地、京・西陣。
かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所で、そして機械式織機によって生み出されています。“西陣・手機”の帯地に拘る、のこり僅かな機屋。その中で、今回は盡政(じんせい)をご紹介します。

盡政(織匠盡政)は西陣で修業を重ねた岡田さんが興した機屋です。15才から西陣の名門 河村織物で修行を始め、25年後の1993年に独立。河村織物の先代である河村政夫氏への恩義の気持ちから、新しい屋号には、"政"の一文字を入れられたとお聞きしています。創業から27年、現在では西陣の中でも指折りの機屋として知られています。

盡政の帯は、埋め機(うめばた)と呼ばれる高機で織り上げられています。
機場の土間を掘り下げ、機を地中に置く事で、年間を通して湿度と温度を一定に保ちます。これにより緯糸の打ち込みが均一となり、風合いの良い、美しい仕上がりとなります。西陣の伝統的な技法として受け継がれていましたが、機械化や効率化の流れの中で廃れ、現在はほとんど見られなくなっています。

そして機や織の技術だけではなく、選び抜かれた極細の生糸や昔ながらの技法で丁寧に作られた箔糸など、使用する素材にもけして妥協はありません。“合理的な織物ではなく、責任の持てる美しい織物を手掛けたい” そんな機屋としての誇りと丁寧な仕事ぶりは、織りあがった帯地を通してひしひしと伝わってきます。

前置きが大変長くなりましたが、「富貴松韻文」と名付けられた盡政の袋帯です。

深みのある黒紅色の地に、襷取りの松菱が織り出されています。様々な太さや色目、配置などが絶妙にコントロールされた箔糸の美しさ。しっかりとした存在感のある帯地ですが、やはり帯として、着物と着る人を引き立てる、そんな"余白"も感じさせてくれます。

きっと私の拙い文章と写真では、この袋帯の美しさの半分もお伝えできていないと思います。ぜひお手に取って、手仕事の素晴らしさをご覧頂ければ幸いです。付下から訪問着、留袖などに合わせて…お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。


■価格について
諸事情により販売価格は非表示とさせて頂いております。何卒ご了承下さい。ご購入ご希望のお客様は、お問合せフォーム・メール・お電話などでお気軽にお問合せ下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

盡政 唐錦袋帯(富貴松韻文・別織本金箔)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約31cm
【生地丈】
約4.6m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 涼やかな淡い生成り色の地に、秋草と源氏香が織り出されています。夏らしい透け感を感じる紗の組織に、手織りで細やかに文様を表現した、すくい織夏九寸名古屋帯です。菊・葦・女郎花…すっきりと描かれた・・・
  • *こちらは美しいキモノ2018年春号(2018/2/20発売)に、女優の羽田美智子さん着用で掲載して頂いた商品です。現状は未仕立て(反物)となっております。深みのある錆藍地に、大胆な斜め松皮取りの辻が花文様が染めら・・・
  • 「はっぱ」と名付けられた、荒川眞理子さんの型絵染め九寸名古屋帯です。荒川眞理子さんは、北海道小樽市生まれ。女子美術大学工芸科で、柳悦孝氏と柚木沙弥郎氏に師事されます。子育てによる休業を経て、1993年・・・
  • 日本最西端の島として知られる、沖縄県与那国島。台湾まで100km程のこの島で、琉球王朝の時代から続く独自の染織文化が、今も島民の方々によって守られています。年間約80反。沖縄各地で織られる“花織&rdqu・・・
  • シンプルな小町(千両)形の台に、白地に蒼色が映える小紋柄の花緒を挿げた桐下駄です。すっきりとした台と花緒の組み合わせはコーディネイトの巾が広く、浴衣や帯の色も選びません。ついつい後回しになりがちな小・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。すっきりとした白地に、萌木色(もえぎいろ)の濃淡が印象的な蔓桔梗(つるききょう)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼・・・