トップページ > 商品紹介 > 丹後藤布 八寸名古屋帯(小西暢子・芙留庵・生成り無地)

商品紹介

丹後藤布 八寸名古屋帯(小西暢子・芙留庵・生成り無地)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

落ち着きを感じる淡い灰茶鼠の地が、自然の色そのままの重なりで織り出されています。糸そのものの息遣いを感じる、藤布(藤織とも)八寸名古屋帯です。

絹や木綿が普及する遥か昔より、人々の生活に寄り添ってきた自然布。沖縄県の芭蕉布、静岡県の葛布、山形のしな布、そして今回ご紹介する丹後地方に伝わる"藤布"などが、現在も僅かな作り手の方々によって受け継がれています。

藤布作りは、春から初夏にかけて、山野に自生する"藤の蔓"を採取することからはじまります。 剥いだ皮を外皮と中皮に分け乾燥させ、木灰などと炊き柔らかくします。柔らかくなった切皮を、川の水でしごき繊維を取り出し、さらに綛にした繊維をぬかと水で漬け、その後乾燥。そしてようやく、"藤績み(ふじうみ)"と呼ばれる糸を績む(紡ぐ)工程に入ります。

一本一本の繊維を指先で細く裂きながら継ぎ、1本の糸にしていきます。1日に績むことのできる糸はおよそ20グラム。帯地1反分の糸を績むには約2-3ヵ月もの時間と根気が必要です。その後撚りを掛ける(撚糸)、整形、筬通しなどを経て、手機で織り上げます。藤蔓の採取から織まで、細かく分ければ20以上の工程が、今も変わらず人の手によって受け継がれています。

丹後藤布 八寸名古屋帯(小西暢子・芙留庵・生成り無地)
自然布ならではの温かみを感じる織…

適度に透け感を感じる織目が、反物の端から端まで"無地"で表現されています。
決してして目新しい配色でも絣柄でもありません。けれども、いつ見ても飽きることないそのデザインは、 正に織物の王道。巾広い着物、そして着る方を引き立てる不思議な存在感を保っています。時期が来る度、たとう紙を広げれば昨年とはまた違った魅力を感じて頂ける… そんな流行に左右されない帯地です。

適度に張りのある生地風は藤布ならでは。またこちらの反物は、帯芯を入れずお仕立てをする八寸名古屋帯ですので、“少しでも涼しく装いたい”そんなお客様におすすめです。
少しずつ変化していく風合いを楽しみながら、末永くご愛用頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。


■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

丹後藤布 八寸名古屋帯(小西暢子・芙留庵・生成り無地)

【素材】
手績み藤糸100%
【生地巾】
約30.8cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
¥308.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 織物の聖地、京・西陣。かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所で、そして機械式織機によって生み出されています。&・・・
  • 東京から南に約290㎞、伊豆諸島の最南端に浮かぶ常春の島、八丈島。自然豊かなこの島で、数百年もの昔から変わらず織り続けられている絹織物、それが本場黄八丈です。黄、鳶、黒、全てが島の草木から染められる、・・・
  • 現在も様々な染織の技法が受け継がれる沖縄にあって、ひと際格調高い織物である首里織。元々は琉装と呼ばれる独自の衣装文化の中、琉球王朝時代の王族や士族など身分の高い人々の為に織られていたものです。沖縄・・・
  • いつまでも新鮮な美しさをとどめ、着る人に静かに寄り添う、そんな着物を…。きもの創り京都・小阪小阪豊さんの手がける染物は、古典を踏まえながらも、現代的な感性の意匠、都会的な色彩、そして着る人を・・・
  • 三年前、偶然見かけた一枚の布。私の中で何かが閃き、一瞬で心が奪われました。伸びのあるデザインに、シンプルで心地よい配色。一枚の布から感じた印象は、その後初めてお会いした”大木夏子さん”そのものでした・・・
  • 沖縄本島から西に100km、青い海に囲まれた人口1万人程の久米島。自然豊かなこの島で久米島紬は作られています。島に自生する植物や泥による染め。綿糸による絣括り。手機での織り。そして仕上げの砧打ち。その全・・・