トップページ > 商品紹介 > 偕可園 児島有子 ゆるぎ組帯締め(淡白緑)

商品紹介

偕可園 児島有子 ゆるぎ組帯締め(淡白緑)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

組紐工房 偕可園四代目 児島有子さんによる、ゆるぎ組帯締めです。やわらかな白緑色の組を撚り房で仕上げてあります。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…。絶妙な加減はやはり手組みならではのもの。一度締めて頂ければ、その締め心地がきっと病み付きになるはずです。

ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディネイトがシンプルになればなるほど、帯締めの持つ役割は大きくなります。同系色でまとめたり、差し色を使ってみたり…一本の帯締めで、コーディネイトの印象は大きく変わるものです。秋のこっくりとした茶、爽やかな春の鶸色…季節感を気軽に楽しめるのも小物ならではでないでしょうか。

紬から小紋、色無地、カジュアルな付下まで幅広いコーディネイトに合わせてお楽しみ頂ければと思います。桐箱に入れてお送りしますので、ご贈答やお着物好きのお友達へのプレゼントとしてもオススメです。

*5枚目の写真は、桐箱の梱包イメージです。
*プレゼントやご贈答の場合は、ご注文時にお知らせ下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

■偕可園四代目 児島有子さんについて
1950年生まれ、日本デザインスクール卒業。染色、織物を学んだ後、家業の「工房偕可園」で組紐の染色に従事。大伯父、母、姉の後を継ぎ、偕可園四代目となる。
厳選された糸、高度な組の技術、独自の染色で、常に女流組紐士ならではの独創的なデザインの組紐制作に取り組んでいる。また復元の紐や現代に生きる伝統的な組紐の研究を続け、その伝統の染と組が着物や帯と調和し、着る人の個性に反映されるように考え、創作活動を続けている。
偕可園の組紐は二代目より女性が受け継ぎ、先代からの教えである素材の糸・組味・染にこだわり、「女性が自分らしく個性的に輝くような組紐」をテーマとしている。

偕可園 児島有子 ゆるぎ組帯締め(淡白緑)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約1cm
【生地丈】
約150cm
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりし・・・
  • 京友禅らしい淡い砥粉色の地に、心地よい間隔で唐花模様が描かれています。京友禅の老舗、工芸キモノ野口の小紋着尺です。工芸キモノ野口は、享保18年(1733年)初代金谷安部兵衛が京・油小路四条上ルにて呉服商を・・・
  • *こちらはきものsalon2018年春夏号(2018/2/20発売)に、女優の知花くららさんご着用で掲載して頂いた商品です。現状は未仕立てとなっております。透明感のある淡柳色(やなぎいろ)の地に、「ムーア唐草文」と名付け・・・
  • 艶感を感じる淡黄色(たんこういろ)の地に、“厚板綾格子”と名付けられた文様が織り出されています。有職織物の一つ、“倭錦(やまとにしき)”。軽くしなやかな地風に、絵緯(文様を織り出す緯・・・
  • さらりとした綿縮に、「長板中形」と呼ばれる伝統的な技法で、大小あられと菖蒲が染められています。藍と白、シンプルですっきりとした、まさに江戸好みの浴衣地です。長板中形(長板本染とも)は、板場に渡した長・・・
  • 染織には人を魅了する不思議な力がある。たった一枚の布や裂が“人生を変える”そんな出会いになることがあるのです。今回ご紹介する手描きジャワ更紗の帯地は、そんな染織の不思議な力にみせられた藤・・・