トップページ > 商品紹介 > 京友禅 九寸名古屋帯(黒地・菊尽くし)

商品紹介

京友禅 九寸名古屋帯(黒地・菊尽くし)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

こちらは、きものsalon2020年秋冬号に掲載して頂いた商品です。現状は未仕立て(未仕立て)となっております。

こっくりと…京友禅らしい深みのある黒地に、手描き友禅で大輪の菊が描かれた九寸名古屋帯です。

たっぷりとした重目の駒生地。深みのある黒地に映える、菊の黄と金銀彩。長い時間をかけて磨かれてきた古典的な文様を、奇をてらわず、現代の感性を生かした配色で表現しています。

季節の柄を纏うことは、洋服には無い着物の醍醐味。よくどのようなタイミングで締めれば良いですかとお尋ねを頂きます。
もちろん描かれたデザインやTPOによっても様々ですが、例えば今回の菊ですと、9月頃(秋単衣)から12月頃を中心に、寒菊に見立てるのであれば、1月末頃までが良いのではと思います。菊は非常に種類が多く、また地域によっても開花の時期は様々です。桜や梅などと比べるますと、もう少し幅広い季節感で捉えて頂ければと思います。また歌舞伎の演目や役者さんに因んで、お締め頂くのも素敵ではないでしょうか。

前腹部分も抜かりなく、お太鼓と少しデザインを変え、たっぷりと長めに描いて頂いております。織物はもちろん小紋や御召、色無地などに合わせて、お楽しみ頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。


■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。
 

京友禅 九寸名古屋帯(黒地・菊尽くし)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
通常価格¥220.000-(税込)→メディア掲載品(きものsalon2020年秋冬号・20%OFF) ¥176.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • うっすらと赤みを帯びた黄橡色の地が、自然の色そのままの重なりで織り出されています。糸そのものの息遣いを感じる、しな布(科布・榀布とも)八寸名古屋帯です。絹や木綿が普及する遥か昔より、人々の生活に寄り・・・
  • 涼やかな淡い生成り色の地に、秋草と源氏香が織り出されています。夏らしい透け感を感じる紗の組織に、手織りで細やかに文様を表現した、すくい織夏九寸名古屋帯です。菊・葦・女郎花…すっきりと描かれた・・・
  • 三年前、偶然見かけた一枚の布。私の中で何かが閃き、一瞬で心が奪われました。伸びのあるデザインに、シンプルで心地よい配色。一枚の布から感じた印象は、その後初めてお会いした”大木夏子さん”そのものでした・・・
  • 菊唐草を織り出した照りのある紋意匠の地に、“二重菊(ふたえぎく)”が絞り染めによって描かれています。京都らしい艶やかな配色と絞りの柔らかな輪郭線が美しい、九寸名古屋帯です。友禅染めが生まれ・・・
  • 深みのあるボルドー色の地に、bottle&glassが"金彩(きんさい)"と呼ばれる技法で描かれています。モチーフの繊細な表現と、金彩のシンプルな仕上がりが美しい、京友禅名古屋帯です。グラスやボトル・・・
  • この織物の反端には、かの文豪武者小路実篤より贈られた「綿薩摩手織絣誠実無比」の一節が添えられています。永江明夫さんによって生み出された、綿のダイヤモンドとも呼ばれる"綿薩摩(薩摩絣)"。綿と・・・