トップページ > 商品紹介

商品紹介

帯〆

  • 3本それぞれに組み上げた細めの組を、ゆるやかな曲線を描きながら縫い合せた、“三本縫合せ”と呼ばれる帯締めです。やわらかな象牙色に珊瑚色が映える組を切り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小・・・
  • 灰白色地と栗色で縞柄を組み上げた、ゆるぎ組帯締めです。両面どちらも使える(縞の色が反対になります)やや細身な組を、かわいらしい小田巻で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディ・・・
  • 深紫色に白色とかすかに金糸あしらった、綾竹台遠州組帯締めです。色のコントラストと横段が印象的な組を撚り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディネイトがシンプルになればな・・・
  • 淡香色と潤朱色にかすかに金糸あしらった、ゆるぎ暈し組の帯締めです。潤朱から淡香色への濃淡で柔らかく暈したゆるぎ組を撚り房で仕上げてあります。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりと・・・
  • 薄退紅色と薄藍鼠色の縞が印象的な綾竹組の帯締めです。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…。絹鳴りのするその絶妙な加減は手組みならではのもの。一度締めて頂ければ、そ・・・
  • 淡い白茶色に紅海老茶(渋い臙脂色)の縞が印象的な綾竹組の帯締めです。片方は無地、もう片方を縞柄で組み、切り房で仕上げてあります。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…・・・
  • 深みのある葡萄茶色(赤紫掛かった茶色)を、手組でしなやかに組み上げたゆるぎ組帯締めです。房は切り房で仕上げてあります。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…。絶妙な加・・・
  • すっきりとした淡銀鼠色を、手組でしなやかに組み上げたゆるぎ組帯締めです。房は切り房で仕上げてあります。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…。絶妙な加減はやはり手組・・・
  • 組紐工房偕可園四代目児島有子さんによる、ゆるぎ組帯締めです。やわらかな白緑色の組を撚り房で仕上げてあります。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…。絶妙な加減はやは・・・
  • やわらかな卵色の地色に、新橋色と水色で独特の菱柄を組み上げた金剛組帯締めです。やや細身の組を撚り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディネイトがシンプルになればなるほど・・・
  • 濃褐色(青みの強い墨色)に江戸茶の縁が印象的な綾竹台遠州組の帯締めです。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…。絶妙な加減はやはり手組みならではのもの。一度締めて頂け・・・
  • やわらかな白の地色に、金茶色と鶸茶色で唐組独特の菱柄を組み上げた帯締めです。房はたこ足で仕上げてあります。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…。絶妙な加減はやはり・・・
  • 薄鶸色(柔らかい黄緑色)に金と白の横段が印象的な貝ノ口組の帯締めです。鶸色から白への濃淡でやわらかく暈した巾広の貝ノ口を、撚り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディネイ・・・
  • 薄い洗朱色(オレンジ色を帯びた朱色)に金と白の横段が印象的な貝ノ口組の帯締めです。洗朱色から白への濃淡でやわらかく暈した巾広の貝ノ口を、撚り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが・・・
  • すっきりとした水色に金と白の横段が印象的な貝ノ口組の帯締めです。水色から白への濃淡でやわらかく暈した巾広の貝ノ口を、撚り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディネイトが・・・
  • 紅海老茶色(錆びた朱色)に、片方は無地、もう片方を亜麻色との市松に組み上げた変四段綾竹組の帯締めです。やや幅広の綾竹組を撚り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディネイト・・・
  • すっきりとした鼠色に、金茶と白色で片方は縞、もう片方を横段に組み上げた綾竹台遠州組の帯締めです。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…。絶妙な加減はやはり手組みなら・・・
  • 濃鼠色に赤茶の縁が印象的な綾竹台遠州組の帯締めです。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…。絶妙な加減はやはり手組みならではのもの。一度締めて頂ければ、その締め心地・・・
  • こっくりとしたこげ茶色に、片側だけ白茶色の縞を組み上げた丸唐組の帯締めです。コシのある肉厚の丸唐組を切り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディネイトがシンプルになれば・・・
  • 淡い秘色(薄い水色)に、片側だけ白の縞を組み上げた丸唐組の帯締めです。コシのある肉厚の丸唐組を切り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディネイトがシンプルになればなるほど・・・
  • 淡い生成色に金茶(黄みの強い茶色)が印象的な綾竹組の帯締めです。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…。絹鳴りのするその絶妙な加減は手組みならではのもの。一度締めて頂・・・
  • 淡い生成色に紅海老茶(渋い臙脂色)が印象的な綾竹組の帯締めです。言葉でお伝えするのは大変に難しいですが、固すぎず、さりとて柔らかすぎず…。絹鳴りのするその絶妙な加減は手組みならではのもの。一度締めて頂・・・
  • 淡い灰桜色に白の縞が印象的な唐組の帯締めです。適度なコシのある肉厚の唐組を切り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディネイトがシンプルになればなるほど、帯締めの持つ役割・・・
  • 淡い裏葉柳色(ごく薄い黄みの緑)に白の縞が印象的な唐組の帯締めです。適度なコシのある肉厚の唐組を切り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディネイトがシンプルになればなるほ・・・
  • 濃い葡萄鼠に白の縞が印象的な唐組の帯締めです。適度なコシのある肉厚の唐組を切り房で仕上げてあります。ついつい後回しになりがちな小物ですが、コーディネイトがシンプルになればなるほど、帯締めの持つ役割・・・