トップページ > 商品紹介

商品紹介

新着商品

  • うっすらと赤みを帯びた黄橡色の地が、自然の色そのままの重なりで織り出されています。糸そのものの息遣いを感じる、しな布(科布・榀布とも)八寸名古屋帯です。絹や木綿が普及する遥か昔より、人々の生活に寄り・・・
  • 鮮やかな瑠璃紺と白、夏らしいコントラストが美しい「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為、“雪花”と呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら・・・
  • 夏らしい清涼感を感じる白地に、すっきりと蝶々を染め上げた綿麻小紋浴衣です。一般的な注染染めではなく、一反一反職人の手による“しごき染め”と呼ばれる技法で染められています。生き物を題材にし・・・
  • まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりし・・・
  • 「花の宴」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。瑞々しい薄桜色の地色に、李朝時代の器から範を得た、躍動感のある抽象的な花柄が織り出されています。手織りならではの驚くほど柔らかく織り上げられた地・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた藍色で染め・・・

おすすめ商品

  • こっくりと…京友禅らしい深みのある濃青紫の地色に、手描きの真糊糸目友禅で「松の丸文」が描かれたきもの創り小阪の付下です。京都でも本当に僅かになってしまった、本糊とも呼ばれる“真糊糸目友禅(まのりいとめ・・・
  • 瑞々しい白藍(しらあい)色の地に、藍濃淡のごくごく細かな微塵縞と、"綾織"と呼ばれる織組織で細かな市松文様が織り出されています。草木の柔らかな色彩と美しい艶感。佐藤新一さんの"白たか織&qu・・・
  • 濃い墨黒の色目が新鮮な小町(千両)形の台に、灰色濃淡の小紋柄の花緒を挿げた桐下駄です。すっきりとした台と花緒の組み合わせはコーディネイトの巾が広く、浴衣や帯の色も選びません。ついつい後回しになりがち・・・
  • はんなりと…京友禅らしい柔らかな薄勿忘草色に、手描きの京友禅で「御所解き文様」が描かれた、九寸名古屋帯です。しぼを抑えた、適度な厚みのある縮緬生地。白上げの御所解き文様に映える、刺繍と金彩。・・・
  • 竺仙の高級浴衣、長板本染中形の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ綿紅梅生地に、伝統的な染め方である長板本染で、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。長板本染は、板場に渡した長板に生地を・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい裂作りをはじ・・・