トップページ > 商品紹介

商品紹介

新着商品

  • 「そよ風」と名付けられた、関美穂子(せきみほこ)さんの型絵染め九寸名古屋帯です。単純な言葉では何とも表現し難い、柔らかみを感じる臙脂色の地に、蝶や木立、そして風に舞うリボンでしょうか…伸びやか・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • 勝山健史さんは、19世紀末に創業した勝山織物の5代目。古の名物裂にみた“美しさ”これを現代の物として生み出したい。そんな思いを胸に、30代半ばから家業の物づくりと並行して、自身の思い描く美しい・・・
  • *こちらは美しいキモノ2018年秋号に掲載して頂いた商品です。現状は未仕立て(反物)となっております。ふんわりと柔らかな糸質を感じる小千谷紬の地に、トルコの民族衣装"カフタン(kaftan)"から範を得た・・・
  • 艶やかな桜色の地に、綾織と呼ばれる織組織で細かな"組違い小市松文様"が織り出されています。美しい艶と、透明感のある色彩。菊池洋守さんの八丈織です。菊池洋守さんは、1940年東京都八丈島生まれ。&・・・
  • きもの好きにとって小物の収納は頭の痛い悩みです。出来るだけコンパクトに、かつ分かりやすく…そんなお客様の声から生まれた弊店オリジナルの万能桐小物箱。取り外しが可能な仕切り付の収納箱二段に深め・・・

おすすめ商品

  • *こちらは、きものsalon2018年春夏号(2018/2/20発売)に、女優の壇れいさんご着用で掲載して頂いた商品です。現状は仮絵羽(モデル仕立て)となっております。透明感を感じる淡い天色(あまいろ)の地色に、ひらひらと・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。すっきりとした白地に、橙色(だいだいいろ)の暈しが印象的な撫子(なでしこ)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかで・・・
  • 「十字絣(じゅうじかすり)」と名付けられた、洛風林の八寸名古屋帯です。ごくごく淡く黄色みを感じる生成色の地色に、洛風林の帯地の中でも非常に珍しい”絣”の表現で、”十字絣”が織り出されています。やや太めの・・・
  • 三年前、偶然見かけた一枚の布。私の中で何かが閃き、一瞬で心が奪われました。伸びのあるデザインに、シンプルで心地よい配色。一枚の布から感じた印象は、その後初めてお会いした”大木夏子さん”そのものでした・・・
  • 「玉むし」と呼ばれる、多色に染め上げた竺仙の浴衣です。やや薄手の綿紬生地に抽象的な竹垣と草花文様を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。竺仙では珍しい多色の浴衣ですが、使われている色と微妙な暈し具・・・
  • すっきりと…けれど単純な一色ではない濃藍色の地に、手描きの京友禅で「銀彩華文(ぎんさいかもん)」が描かれた、塩瀬名古屋帯です。適度な厚みのある重目の塩瀬生地。深みのある地色に映える銀彩。意匠、彩色共に・・・