トップページ > 商品紹介

商品紹介

新着商品

  • いつまでも新鮮な美しさをとどめ、着る人に静かに寄り添う、そんな着物を…。きもの創り京都・小阪小阪豊さんの手がける染物は、古典を踏まえながらも、現代的な感性の意匠、都会的な色彩、そして着る人を・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • 紺鼠で絞り染めを施した帯地に、様々に形を変えながら流れていく瑞雲がたっぷりとした刺繍で描かれています。京友禅の老舗、工芸キモノ野口の刺繍九寸名古屋帯です。工芸キモノ野口は、享保18年(1733年)初代金谷・・・
  • 「斑鳩間道」と名付けられた、洛風林の袋帯です。ごくごく淡い白練色の地に“斑鳩間道(いかるがかんどう)”をモチーフにした意匠。法隆寺や正倉院に伝わる錦裂をモチーフに、洛風林らしい解釈とデザイ・・・
  • うっすらと赤みを帯びた黄橡色の地が、自然の色そのままの重なりで織り出されています。糸そのものの息遣いを感じる、しな布(科布・榀布とも)八寸名古屋帯です。絹や木綿が普及する遥か昔より、人々の生活に寄り・・・
  • こっくりと…京友禅らしい深みのある紫黒色(しこく)の地に、手描き友禅で「枝垂れ桜」が描かれた、塩瀬名古屋帯です。まず目に飛び込んでくるのは、たっぷりと描かれた枝垂れ桜。一般的なお太鼓の柄付の2倍・・・

おすすめ商品

  • 竺仙を代表するコーマ生地の浴衣です。シンプルな白地に、濃藍と緑みのある金茶色で割付草花が注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。上質な生地と、昔ながらの染めに拘った竺仙の浴衣。江戸末期から磨かれてき・・・
  • 生絹(すずし)と呼ばれる張りのある地に、矢羽を上下にずらしたような独特の美しい経絣が織り出されています。染料となる草木の栽培から、染め(絣)、そして織(手織り)までを一貫して手掛ける国画会会員山下健さん・・・
  • 竺仙の高級浴衣、絹紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ絹と綿の交織生地に、小紋の染め方の一つである「しごき染め」で、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。淡い露草色の地に、コントラ・・・
  • こっくりと…京友禅らしい深みのある黒地に、手描きの京友禅で「文箱と乱れ紐」が描かれた、塩瀬名古屋帯です。たっぷりとした重目の塩瀬生地。深みのある黒地に映える、糸目と金彩。意匠、彩色共にシンプルですが・・・
  • すっきりとした白地に、淡珊瑚色(明るいピンク色)で南蛮七宝を染め上げた長襦袢です。生地はややしぼのある丹後ちりめんを使用しています。着物のコーディネイトの中で、長襦袢の占める割合はどれくらいでしょう・・・
  • すっきりと…けれど単純な一色ではない薄卵色の地色に、手描きの糸目友禅で「麗唐花文」が描かれた京友禅の付下です。長い時間をかけて磨かれてきた唐花文様を、現代の感性を生かした構図と配色で表現しています。・・・