トップページ > 商品紹介

商品紹介

新着商品

  • 染織には人を魅了する不思議な力がある。たった一枚の布や裂が“人生を変える”そんな出会いになることがあるのです。今回ご紹介する手描きジャワ更紗の帯地は、そんな染織の不思議な力にみせられた藤・・・
  • 染織には人を魅了する不思議な力がある。たった一枚の布や裂が“人生を変える”そんな出会いになることがあるのです。今回ご紹介する手描きジャワ更紗の帯地は、そんな染織の不思議な力にみせられた藤・・・
  • 淡い生成り色の地に、長襦袢では珍しい先染めの2色で"微塵縞"が織り出されています。うっすらとシボを帯び、柔らかく捌きの良い生地風に仕上げた長襦袢地です。着物のコーディネイトの中で、長襦袢の占・・・
  • すっきりとした白地に、薄松葉・淡黄色・薄青藍・江戸鼠の4色でうろこ文様が染められた長襦袢地です。生地は柔らかく、それでいて捌きの良い精華生地を使用しています。着物のコーディネイトの中で、長襦袢の占め・・・
  • 淡い鳥の子色から蜂蜜色へ…柔らかく裾暈しを染め上げた地に、"業平菱に花束紋"が手描き友禅で描かれています。京友禅の老舗、工芸キモノ野口の付下着尺です。工芸キモノ野口は、享保18年(1733年・・・
  • 透明感を感じる白地に“筥形華文”と名付けられた文様が織り出されています。有職織物の一つ、“二陪織物(ふたえおりもの)”。ふっくらとした絵緯(文様を織り出す緯糸)に用いられた三色が美・・・

おすすめ商品

  • 竺仙を代表するコーマ生地の浴衣です。シンプルな白地に、濃藍と緑みのある金茶色で割付草花が注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。上質な生地と、昔ながらの染めに拘った竺仙の浴衣。江戸末期から磨かれてき・・・
  • 淡い生成り色の地に、長襦袢では珍しい先染めの2色で"微塵縞"が織り出されています。うっすらとシボを帯び、柔らかく捌きの良い生地風に仕上げた長襦袢地です。着物のコーディネイトの中で、長襦袢の占・・・
  • 「花二月」と名付けられた、国画会会員岡本紘子さんの型絵染め九寸名古屋帯です。何とも言えない柔らかな薄鼠(うすねずみ)の地色に、大小様々な花がリズミカルに染められています。一瞬で心奪われる岡本さんの作・・・
  • やや踵の高い舟形の台に、シンプルな麻の花緒を挿げた鎌倉彫下駄です。深みのある溜色(渋い赤茶)色に映える麻の葉模様の彫目が美しく、シンプルな組み合わせですがしっかりとした存在感を感じさせてくれます。花・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • 野村半平(のむらはんぺい)氏をご存知でしょうか。明治37年結城市で生まれた野村半平氏は、高等小学校を卒業後、結城紬の職人の道へ。戦中の奢侈禁止令から結城を守り、国の重要無形文化財指定に奔走した、まさに・・・