トップページ > 商品紹介

商品紹介

訪問着・付下

  • 紗綾型と菊地紋が織り出された艶やかな空色の地に、菊や桜、紅葉などが繊細な筆致で描かれています。「流水に百花」と名付けられた、手描きの京友禅訪問着です。躍動感を感じる流水を背景に、雪輪と季節の花々が・・・
  • いつまでも新鮮な美しさをとどめ、着る人に静かに寄り添う、そんな着物を…。きもの創り京都・小阪小阪豊さんの手がける染物は、古典を踏まえながらも、現代的な感性の意匠、都会的な色彩、そして着る人を・・・
  • 控えめながらも、女性らしい華やかさを感じる淡い桜色の地に、手描きの糸目友禅で「貝合わせ文様」が描かれた京友禅の絽付下(夏物)です。長い時間をかけて磨かれてきた古典的な文様を、現代の感性を生かした構図・・・
  • *こちらは、きものsalon2018年春夏号(2018/2/20発売)に、女優の壇れいさんご着用で掲載して頂いた商品です。現状は仮絵羽(モデル仕立て)となっております。透明感を感じる淡い天色(あまいろ)の地色に、ひらひらと・・・
  • すっきりと…けれど単純な一色ではない灰黄緑(はいきみどり)の地色に、桜・梅・桔梗・柏をモチーフに描かれた華円文が、白上げの友禅と相良繍を主に描かれています。手刺繍が美しい、相良刺繍の付下着尺で・・・
  • こっくりと…京友禅らしい深みのある濃青紫の地色に、手描きの真糊糸目友禅で「御所解き文様」が描かれた、きもの創り小阪の付下です。京都でも本当に僅かになってしまった、本糊とも呼ばれる“真糊糸・・・
  • すっきりと…透明感のある淡い藤紫(ふじむらさき)の地色に、手描きの糸目友禅で「糸菊(いとぎく)」が描かれた京友禅の付下です。長い時間をかけて磨かれてきた古典的な菊文様を、現代の感性を生かした構図と配色で・・・
  • すっきりと…けれど単純な一色ではない薄卵色の地色に、手描きの糸目友禅で「麗唐花文」が描かれた京友禅の付下です。長い時間をかけて磨かれてきた唐花文様を、現代の感性を生かした構図と配色で表現しています。・・・
  • すっきりと…けれど単純な一色ではない深みのある薄花桜(うすはなさくら)の地色に、手描きの糸目友禅で「瑞雲文(ずいうん)」が描かれた京友禅の付下です。長い時間をかけて磨かれてきた古典的な瑞雲文様を、現代の・・・