トップページ > 商品紹介

商品紹介

小紋

  • しっとりと落ち着きのあるグレーみを帯びた薄梅鼠色に、藍濃淡の色彩で"萩折枝に桜文様"が染められています。江戸・文政期よりその名が続く、五代田畑喜八氏の京友禅小紋です。初代"喜八"よ・・・
  • 軽めのシボを感じる縮緬生地に、手加工のろうけつ染め(ローケツ/蝋纈)で雪輪重ねの文様が染められています。顔映りの良い灰白色(かいはくしょく)の地に、薄縹色(うすはなだいろ)の雪輪が映える小紋の着物地です。・・・
  • 軽めのシボを感じる縮緬生地に、手加工のろうけつ染め(ローケツ/蝋纈)で雪輪重ねの文様が染められています。顔映りの良い桜色の地に、新橋色(緑みの青)の雪輪が映える小紋の着物地です。雪輪の飛び柄は、小紋とし・・・
  • たっぷりとしたシボの強り肉厚の縮緬生地に、三つ葉葵文を染め上げた工芸キモノ野口(京友禅)の小紋です。深みのある朱、はんなりとした紫、金彩に映える深緑…一つ間違えばまとまりがなくなりそうな挿し色を、すっ・・・
  • 竺仙の高級浴衣、絹紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ絹と綿の交織生地に、小紋の染め方の一つである「しごき染め」で、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。淡い露草色の地に、コントラ・・・
  • 細かな縞で緩やかな斜め縞地紋を織り出した紋意匠生地に、薄茶鼠色の微妙な濃淡で七宝文様が描かれています。文様と文様の間、薄茶色から白色へふんわりと変化していく色。この柔らかな色の変化は“暈し染め(ぼか・・・
  • やわらかな淡い水色の地色に、型友禅と呼ばれる伝統的な技法で花籠春秋文を染め上げた小紋です。生地はふっくらとしぼのある柔らかな縮緬生地を使用しています。花籠に桜と楓。春秋文(しゅんじゅうもん)・桜楓(お・・・
  • こっくりとした深い黒橡色(暗い灰色)に、摺箔と呼ばれる技法で色紙散しを染めあげた小紋です。生地はコシのある駒無地生地を使用していますまずは引き染で丁寧に染め上げられた深い地色。光の加減や帯合わせによ・・・
  • すっきりとした淡い秘色(淡く黄緑かかった水色)に、飛び柄で雪輪を染めあげた小紋です。生地は柔らかで艶感のある丹後ちりめんを使用しています雪輪の飛び柄は、小紋として決して珍しい柄ではないかもしれません・・・