トップページ > 商品紹介

商品紹介

工芸帯地 洛風林

  • 「花の宴」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。瑞々しい薄桜色の地色に、李朝時代の器から範を得た、躍動感のある抽象的な花柄が織り出されています。手織りならではの驚くほど柔らかく織り上げられた地・・・
  • 「ベネチア唐草文」と名付けられた、洛風林の袋帯です。深みを感じる黒色の地に“唐草”をモチーフにした意匠。本歌ははっきりと分かりませんが、日本でも古くから愛されてきた唐草文様を、洛風林らし・・・
  • 「雲流文」と名付けられた、洛風林の袋帯です。ごくごく淡く黄色みを感じる淡い胡粉色の地色に“雲流(うんりゅう)”をモチーフにした意匠。様々に形を変えながら流れていく雲…そんな伝統的な吉・・・
  • 「星花文」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。落ち着きのある生成り色の地色に、モザイクタイルやダイヤモンドのブリリアンカットにも似た、幾何学文様。手織りならではの驚くほど柔らかく織り上げられ・・・
  • 「クレムリンの花」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。落ち着きのある秘色色(ひそくいろ)の地色。躍動感のある更紗文様、本歌はおそらくクレムリン宮殿の装飾でしょうか。手織りならではの驚くほど柔ら・・・
  • 「インド更紗文」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。瑞々しく透明感のある淡菖蒲色(あやめいろ)の地色。躍動感のある更紗文様、本歌はおそらくインドの染物(更紗)でしょうか。手織りならではの驚くほど・・・
  • 「琵琶螺鈿文(びわらでんもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。光の角度によって表情を変える、深みのある蝦色(えびいろ/深赤紫色)の地色。宝相華(ほうそうげ)と呼ばれる正倉院に伝わる琵琶にあしら・・・
  • 「十字絣(じゅうじかすり)」と名付けられた、洛風林の八寸名古屋帯です。ごくごく淡く黄色みを感じる生成色の地色に、洛風林の帯地の中でも非常に珍しい”絣”の表現で、”十字絣”が織り出されています。やや太めの・・・
  • 暑い夏もようやく終わり、着物シーズンの到来。お出かけ前にあれやこれやとコーディネイトに想いを巡らせるのも楽しい時間です。そしていざ当日…が、あいにくの雨。「秋雨や水底の草を踏み渡る」…なんて呑気に一・・・
  • 「名物花兎文(めいぶつはなうさぎもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。うっすら黄色味かかった、甘すぎない灰桜色(ピンクベージュ)の地色に、名物裂から範を得た“花兎”の意匠(デザイン)。手織りな・・・
  • 「宮廷刺繍文」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。赤みを帯びた深い焦げ茶色の地色。抽象的な小花をモチーフに、洛風林らしい解釈とデザイン(意匠)で表現しています。所々真綿を絡ませた独特の糸使いは・・・
  • 「貝花文(かいはなもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。落ち着きのある茶鼠色(ちゃねずみいろ)の地色に、梅のようにも見える“巻貝”モチーフにした抽象的な意匠。手織りならではの驚くほど柔らかく・・・
  • 「正倉院華文(しょうそういんかもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。赤みが強すぎない大人の薄色(淡いピンク色)の地色。正倉院の宝物をモチーフに、洛風林らしい解釈とデザイン(意匠)で表現してい・・・
  • 「競花錦(きょうかにしき)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。深みのある千歳緑(ちとせみどり)の地色に、競い合うように咲く花をモチーフにした抽象的な意匠。驚くほど柔らかく織り上げられた地風に、・・・
  • 「百合文(ゆりもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。透明感のある淡い生成りの地色に、百合文をモチーフにした抽象的な意匠。驚くほど柔らかく織り上げられた地風に、所々独特のしぼが表現されてい・・・
  • 「甍波文(いらかなみもん)」と名付けられた、洛風林の袋帯です。すっきりとした淡い胡粉色の地色に“甍波(いらかなみ)”をモチーフにした意匠。甍とは瓦の事。重なり合う瓦を、寄せては返す波に見立てる…そんな日本・・・
  • 「正倉院琵琶文(しょうそういんびわもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。透明感のある淡退紅色(うっすらと黄色味を帯びた薄ピンク)の地色に、正倉院に伝わる琵琶にあしらわれた螺鈿細工をモチーフ・・・
  • 「七宝絵皿文」と名付けられた、洛風林の八寸名古屋帯です。やや黄色みを感じる生成り色の地色に、七宝文様が描かれた“絵皿”をモチーフにした意匠。やや太めの味わいのある糸で織り上げられた地に“すくい織(手機)・・・
  • 「琵琶螺鈿文」と名付けられた、洛風林の名古屋帯です。すっきりとした薄縹色の地色に、宝相華(ほうそうげ)と呼ばれる正倉院に伝わる琵琶にあしらわれた螺鈿細工をモチーフにした意匠。驚くほど柔らかく織り上げ・・・
  • 「ボハラ花文」と名付けられた、洛風林の名古屋帯です。落ち着いた薄茶色の地色に、ウズベキスタンの都市、ボハラ(ブハラ)の華文をモチーフにした意匠。驚くほど柔らかく織り上げられた地風に、所々独特のしぼが・・・
  • 「草の実文」と名付けられた、洛風林の名古屋帯です。柔らかな薄色(淡くベージュのかかったピンク色)の地色に、インドの植物をモチーフにした意匠。驚くほど柔らかく織り上げられた地風に、所々独特のしぼが表現・・・
  • 「花十字文」と名付けられた、洛風林の名古屋帯です。およそ300年前から続く“鍋島緞通”日本で最も古い歴史をもつその絨毯の柄をモチーフに、洛風林らしい意匠と配色で名古屋帯に仕上げてあります。洛風林(らくふ・・・
  • 「競花錦」と名付けられた、洛風林の名古屋帯です。やや青みのある深い紫色の地色。競い合うように咲く花をイメージした意匠。驚くほど柔らかく織り上げられた地風に、所々独特のしぼが表現されています。一目し・・・
  • 「千鳥格子」と名付けられた、洛風林の名古屋帯です。落ち着きのある淡い亜麻色の地色。伝統的なモチーフを洛風林らしい解釈と表現で織り出した意匠。所々真綿を絡ませた独特の縦糸は、見る角度や光の加減によっ・・・
  • 「百合文」と名付けられた、洛風林の名古屋帯です。深みのある墨色の地色に、唐花のような抽象的な百合文。驚くほど柔らかく織り上げられた地風に、所々独特のしぼが表現されています。一目見て可愛らしいデザイ・・・
  • 「四ッ葉文」と名付けられた、洛風林の名古屋帯です。深みのある墨色の地色に、唐花のような抽象的な四ッ葉文。驚くほど柔らかく織り上げられた地風に、所々独特のしぼが表現されています。一目見て可愛らしいデ・・・
  • 「Leaf」と名付けられた、洛風林の名古屋帯です。すっきりとした黒色の地色に、'葉’をモチーフにした意匠。やや太めのざっくりとした紬糸で織り上げられた地に、「すくい織」と呼ばれる技法で柄が織りだしてあり・・・
  • 「夾纈華文」と名付けられた、洛風林の名古屋帯です。軽やかな薄藍色の地色。正倉院に納められた夾纈の裂をモチーフにした意匠。所々真綿を絡ませた、独特の縦糸は、見る角度や光の加減によって表情が変化します・・・