トップページ > 商品紹介

商品紹介

浴衣

  • 竺仙の高級浴衣、絹紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ絹と綿の交織生地に、小紋の染め方の一つである「しごき染め」で、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。淡い露草色の地に、コントラ・・・
  • 竺仙の定番生地、綿紬の浴衣です。細かな縞柄を織り出した落ち着きのある錆藍地に、草花丸文を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿糸を紬織の様に織り上げた綿紬は、シャッキリとして着やすい独特の風合い・・・
  • 夏らしい鮮やかな黄色を染め上げた「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為“雪花”と呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら丁寧に折りたたみ、木製の型には・・・
  • 竺仙の高級浴衣、綿紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。落ち着きのある青蘭色で染め上げた桔梗に霞文様。・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた藍色で染め・・・
  • 竺仙の定番生地、綿紬の浴衣です。細かな縞柄を織り出した落ち着きのある錆藍地に、唐花文様を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿糸を紬織の様に織り上げた綿紬は、シャッキリとして着やすい独特の風合い・・・
  • 竺仙を代表するコーマ生地の浴衣です。シンプルな白地に、濃藍と緑みのある金茶色で割付草花が注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。上質な生地と、昔ながらの染めに拘った竺仙の浴衣。江戸末期から磨かれてき・・・
  • 竺仙の高級浴衣、絹紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ絹と綿の交織生地に、小紋の染め方の一つである「しごき染め」で、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。絹紅梅でも珍しい落ち着きの・・・
  • 淡い深緑色に大輪の花柄を染め上げた「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為“雪花”と呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら丁寧に折りたたみ、木製の型に・・・
  • 竺仙の高級浴衣、長板本染中形の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ綿紅梅生地に、伝統的な染め方である長板本染で、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。長板本染は、板場に渡した長板に生地を・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。すっきりとした白地に、萌木色(もえぎいろ)の濃淡が印象的な蔓桔梗(つるききょう)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼・・・
  • 白地にさわやかな薄紫色を染め上げた「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為、“雪花”と呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら丁寧に折りたたみ、木製の型・・・
  • 竺仙の高級浴衣、絹紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ絹と綿の交織生地に、小紋の染め方の一つである「しごき染め」で、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。深い藍鉄色の地に、コントラ・・・
  • 「玉むし」と呼ばれる、多色に染め上げた竺仙の浴衣です。やや薄手の綿紬生地に、市松と麻の葉を組み合わせた文様を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。竺仙では珍しい多色の浴衣ですが、使われている色と微・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。すっきりとした白地に、橙色(だいだいいろ)の暈しが印象的な撫子(なでしこ)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかで・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた藍色で染め・・・
  • 竺仙を代表するコーマ生地の浴衣です。濃い藍色と水色で万寿菊を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。上質な生地と、昔ながらの染めに拘った竺仙の浴衣。江戸末期から磨かれてきたそのデザインはシンプルです・・・
  • 竺仙の高級浴衣、絹紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ絹と綿の交織生地に、小紋の染め方の一つである「しごき染め」で、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。淡い露草色の地色に、コント・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。深い藍鉄色(やや紫かかった濃藍色)に萩を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿絽は段絽(乱絽)と言・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。白地に葉の暈しが印象的な葡萄(ぶどう)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿絽は段絽(乱絽)と言・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた藍色で染め・・・
  • 竺仙を代表するコーマ生地の浴衣です。白地に和蘭(濃紺)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。上質な生地と、昔ながらの染めに拘った竺仙の浴衣。江戸末期から磨かれてきたそのデザインはシンプルですが、不・・・
  • 「玉むし」と呼ばれる、多色に染め上げた竺仙の浴衣です。やや薄手の綿紬生地に抽象的な竹垣と草花文様を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。竺仙では珍しい多色の浴衣ですが、使われている色と微妙な暈し具・・・
  • 竺仙の高級浴衣、絹紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ絹と綿の交織生地に、小紋の染め方の一つである「しごき染め」で、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。深みのある錆藍色地に、コン・・・
  • すっきりとした白地に、さわやかな水色と薄紫色で山道文(アルファベットのMのような形)を染め上げた板締め絞りの浴衣です。絞り方を少し変えると染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為、「雪花絞り」とも呼・・・
  • 竺仙の高級浴衣、長板本染中形の浴衣です。さらりとした綿縮に伝統的な染め方である長板本染で、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。長板本染は、板場に張った長板に生地を張り、両面に寸分違わず・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。白地にすっきりとした蜻蛉(とんぼ)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿絽は段絽(乱絽)と言い、・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた藍色で染め・・・
  • すっきりとした白地に、さわやかな水色と菜の花色(黄色)で大格子を染め上げた板締め絞りの浴衣です。絞り方を少し変えると染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為、「雪花絞り」とも呼ばれています。一反の・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。白地にすっきりとした芒(すすき)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿絽は段絽(乱絽)と言い、絽・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた藍色で染め・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。白地に淡い臙脂色と墨色の濃淡で杜若(かきつばた)を染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿絽は段絽(乱絽)と言い、絽目・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。深い藍鉄色(やや紫かかった濃藍色)に秋草をあしらった丸文を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿・・・
  • 細かな縞柄の淡い白茶地に、消墨色で板締めの文様を染め上げた「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為、そう呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら丁寧に・・・
  • 竺仙の高級浴衣、長板本染中形の浴衣です。さらりとした綿縮に伝統的な染め方である長板本染で、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。長板本染は、板場に張った長板に生地を張り、両面に寸分違わず・・・
  • 夏らしい甕覗色(やや緑かかった水色)の地色に、菱柄を染め上げた板締め絞りの浴衣です。絞り方を少し変えると染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為、「雪花絞り」とも呼ばれています。一反の白生地をアイ・・・
  • 竺仙を代表するコーマ生地の浴衣です。白地に松竹梅(濃紺)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。上質な生地と、昔ながらの染めに拘った竺仙の浴衣。江戸末期から磨かれてきたそのデザインはシンプルですが、・・・
  • 青みの強い桔梗色に丸文の絞り目が美しい綿麻浴衣です。15~20cm程度の丸文を生地全体にランダムに絞ってあります。「絞り染め」は染織技法の中でも大変素朴なもので、歴史も古く、その技法は様々です。また染料・・・
  • さわやかな白地に、柔らかな紫色で大きな花柄を染め上げた「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為、そう呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら丁寧に折り・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた灰緑色で染・・・
  • 消墨色(深い灰色)の地色に、すっきりと水玉(ドット)を染め上げた綿麻小紋浴衣です。一般的な注染染めではなく、一反一反職人の手による“しごき染め”と呼ばれる技法で染められています。こちらの商品は弊店にて別・・・
  • 白地にさわやかな水色を染め上げた「雪花絞り」の浴衣です。染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為、そう呼ばれています。雪花絞りは一反の白生地をアイロンをかけながら丁寧に折りたたみ、木製の型にはめ・・・
  • 「玉むし」と呼ばれる、多色に染め上げた竺仙の浴衣です。やや薄手の綿紬生地に抽象的な蜻蛉を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。竺仙では珍しい多色の浴衣ですが、使われている色と微妙な暈し具合、綿紬生・・・
  • 竺仙の高級浴衣、綿紅梅の浴衣です。格子状に太い糸を織りこんだ綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。落ち着いた藍色で染め上げた流水に千鳥文様。生地・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。白地にすっきりとしたふくら雀を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿絽は段絽(乱絽)と言い、絽目・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。深い藍鉄色(やや紫かかった濃藍色)にすっきりとした万寿菊を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿・・・
  • やや落ち着いた藍鼠色(鼠色かかった水色)の地色に、幾何学文様を染め上げた板締め絞りの浴衣です。絞り方を少し変えると染まり上がりの柄が雪の結晶のように見える為、「雪花絞り」とも呼ばれています。一反の白・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。白地に可愛らしい梅鉢を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿絽は段絽(乱絽)と言い、絽目が不規則・・・