トップページ > 商品紹介 > 京友禅 訪問着(琳派流水に百花・共八掛付・染の川勝)

商品紹介

京友禅 訪問着(琳派流水に百花・共八掛付・染の川勝)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

紗綾型と菊地紋が織り出された艶やかな空色の地に、菊や桜、紅葉などが繊細な筆致で描かれています。「流水に百花」と名付けられた、手描きの京友禅訪問着です。

躍動感を感じる流水を背景に、雪輪と季節の花々が描かれています。本歌はおそらく琳派でしょう。洗練された構図と配色、そして琳派らしいどこか柔らかさを感じる、デフォルメされた意匠。シンプルですが、一つ一つの手仕事の質の高さが醸し出す、上質な品格を感じる仕上がりです。

京都でも年々少なくなっていく“手描き友禅(てがきゆうぜん)”。1本1本、丁寧に描かれた糸目の線は、繊細さと柔らかさ、その絶妙なバランスが美しい仕上がりです。

下絵・糸目・色挿・糊伏せ・地染・蒸し水元・刺繍など、細かく分ければ20以上の工程を経て、ようやく一反のきものが完成する手描き友禅。それぞれの工程は分業、異なる職人の手仕事で行われています。

繻子(しゅす)織ならではの艶感に、京友禅らしい"はんなり"とした配色が映える訪問着です。八掛も抜かりなく、表と共生地を使い、流水の模様が表と繋がり持つよう贅沢に染められています。四季の花々が描かれていますので、季節を問わず(袷時期)御召いただけるのも嬉しいポイントです。

きっと私の拙い文章と写真では、この訪問着の美しさの半分もお伝えできていないと思います。ぜひお手に取って、手仕事の素晴らしさをご覧頂ければ幸いです。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

*肩裄が長い方に広巾生地で…地色をご希望の色目に変えて…など別染めのご注文も承っております。お気軽にご相談下さい。
*お単衣をご希望のお客様には、共生地八掛無しでの別染も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

■写真・色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。

■ガード加工・紋入れなどについて
ガード加工・紋入れなどをご希望のお客様は、ご注文時に備考欄よりお申し付け下さい。その他お仕立てに関するご希望などもお気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿・袖口や裾等の部分洗いで十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

京友禅 訪問着(琳派流水に百花・共八掛付・染の川勝)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約39cm
【生地丈】
約12.5m
【価格】
¥660.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 透明感のある淡い白藍色の地に、「レース文」と名付けられた文様が描かれています。染織作家、仁平幸春(にへいゆきはる)さんの染め九寸名古屋帯です。仁平さんは1965年東京生まれ。高校のデザイン科を卒業後、料・・・
  • 野村半平(のむらはんぺい)氏をご存知でしょうか。明治37年結城市で生まれた野村半平氏は、高等小学校を卒業後、結城紬の職人の道へ。戦中の奢侈禁止令から結城を守り、国の重要無形文化財指定に奔走した、まさに・・・
  • 「マグノリアの花」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。深みのある桑染色の地に、マグノリア(木蓮)をモチーフとした抽象的な花柄が織り出されています。手織りならではの驚くほど柔らかく織り上げられた・・・
  • いつまでも新鮮な美しさをとどめ、着る人に静かに寄り添う、そんな着物を…。きもの創り京都・小阪小阪豊さんの手がける染物は、古典を踏まえながらも、現代的な感性の意匠、都会的な色彩、そして着る人を・・・
  • 国の重要無形文化財として技術保存の指定を受け、織物の最高峰として愛される本場結城紬。数百年もの昔から糸を紡ぎ、絣を括り、機で織る。その長い長い工程の全てが、人々の手仕事によって受け継がれてきました・・・
  • シンプルな舟形の台に、淡い濃淡で縞柄を織り出した麻生地の花緒を挿げた桐下駄です。すっきりとした台と花緒の組み合わせはコーディネイトの巾が広く、浴衣や帯の色も選びません。ついつい後回しになりがちな小・・・