トップページ > 商品紹介 > 京友禅 訪問着(琳派流水に百花・共八掛付・染の川勝)

商品紹介

京友禅 訪問着(琳派流水に百花・共八掛付・染の川勝)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

紗綾型と菊地紋が織り出された艶やかな空色の地に、菊や桜、紅葉などが繊細な筆致で描かれています。「流水に百花」と名付けられた、手描きの京友禅訪問着です。

躍動感を感じる流水を背景に、雪輪と季節の花々が描かれています。本歌はおそらく琳派でしょう。洗練された構図と配色、そして琳派らしいどこか柔らかさを感じる、デフォルメされた意匠。シンプルですが、一つ一つの手仕事の質の高さが醸し出す、上質な品格を感じる仕上がりです。

京都でも年々少なくなっていく“手描き友禅(てがきゆうぜん)”。1本1本、丁寧に描かれた糸目の線は、繊細さと柔らかさ、その絶妙なバランスが美しい仕上がりです。

下絵・糸目・色挿・糊伏せ・地染・蒸し水元・刺繍など、細かく分ければ20以上の工程を経て、ようやく一反のきものが完成する手描き友禅。それぞれの工程は分業、異なる職人の手仕事で行われています。

繻子(しゅす)織ならではの艶感に、京友禅らしい"はんなり"とした配色が映える訪問着です。八掛も抜かりなく、表と共生地を使い、流水の模様が表と繋がり持つよう贅沢に染められています。四季の花々が描かれていますので、季節を問わず(袷時期)御召いただけるのも嬉しいポイントです。

きっと私の拙い文章と写真では、この訪問着の美しさの半分もお伝えできていないと思います。ぜひお手に取って、手仕事の素晴らしさをご覧頂ければ幸いです。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

*肩裄が長い方に広巾生地で…地色をご希望の色目に変えて…など別染めのご注文も承っております。お気軽にご相談下さい。
*お単衣をご希望のお客様には、共生地八掛無しでの別染も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

■写真・色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。

■ガード加工・紋入れなどについて
ガード加工・紋入れなどをご希望のお客様は、ご注文時に備考欄よりお申し付け下さい。その他お仕立てに関するご希望などもお気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿・袖口や裾等の部分洗いで十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

京友禅 訪問着(琳派流水に百花・共八掛付・染の川勝)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約39cm
【生地丈】
約12.5m
【価格】
¥648.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 「そよ風」と名付けられた、関美穂子(せきみほこ)さんの型絵染め九寸名古屋帯です。単純な言葉では何とも表現し難い、柔らかみを感じる臙脂色の地に、蝶や木立、そして風に舞うリボンでしょうか…伸びやか・・・
  • やや透け感を感じる張りのある生紬(なまつむぎ)地に"摺り友禅(すりゆうぜん)"と呼ばれる技法で、末広重ね文様が染められています。落ち着きのある生成り色の地に、枯茶・薄藍鼠・赤紫の差し色が映え、・・・
  • 猪野屋牧子さん作のガラス帯留めです。ノーススターガラス(モレッティガラス)と呼ばれる、純度の高い丈夫なガラスを900℃~1400℃の高温で熱しながら、一つ一つ手作りで制作されています。熱による色の変化や柔らか・・・
  • 草木染め特有の“柔らかさ”を感じる淡い生成り色に、墨色と薄白茶色の濃淡で翁格子が織り出されています。手織りならではのふんわりとあたたかな風合い。信州・三才山(みさやま)の地で、草木染め手織りに拘る横山・・・
  • “美しい手仕事に国境は無い”そんな事を再認識させてくれるイタリア・ナポリで制作された帯留。純銀細工の台に光を抑えた金を重ね、その上からエナメルや天然石の装飾が施されています。帯留の歴史を紐解けば、江・・・
  • 淡くうっすらと赤みかかった枯色の地色に“厳島唐草文(いつくしまからくさもん)”と名付けられた文様が織り出されています。有職織物の一つ、“二陪織物(ふたえおりもの)”。ふっくらとした絵緯(文様を織り出す緯糸)・・・