トップページ > 商品紹介 > 京友禅 塩瀬九寸名古屋帯(文箱に乱れ紐・黒地)

商品紹介

京友禅 塩瀬九寸名古屋帯(文箱に乱れ紐・黒地)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

こっくりと…京友禅らしい深みのある黒地に、手描きの京友禅で「文箱と乱れ紐」が描かれた、塩瀬名古屋帯です。

たっぷりとした重目の塩瀬生地。深みのある黒地に映える、糸目と金彩。意匠、彩色共にシンプルですが、一つ一つの手仕事の質の高さが醸し出す、上質な品格を感じる仕上がり。長い時間をかけて磨かれてきた古典的な文様を、奇をてらわず、現代の感性を生かした配色で表現しています。

よくみれば、お太鼓と前腹に描かれた文箱には、大変細かな友禅が施されています。霞取りの七宝、松、梅、菊、観世水に箔。意匠(デザイン)こそシンプルですが、しっかりと奥行のある表情に仕上がっています。そして全体をまとめ上げる地色は、弊店のオリジナル(別注品)。深みのある色の仕上がりに、私も満足しています。また前腹は左右で異なる意匠(デザイン)が描かれているのも、嬉しいポイントです。

染帯ですが、コーディネイトはやや改まった感じを意識して頂ければと思います。重すぎず、さりとて軽すぎず…。小紋や無地感覚のきもの、また軽めの付下などに合わせて、これまでの染め帯とはまた違ったコーディネイトをお楽しみ頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■写真・色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。また染と織たかはしオンラインショップでは、その他の写真を多数掲載しております。ぜひご覧ください。
染と織たかはしオンラインショップ http://kimonotakahashi.shop-pro.jp

■ガード加工について
ガード加工をご希望のお客様は、オンラインショップのプルダウンメニューより【+ガード加工】をお選びください。ご指定の無い場合の加工は、パールトーン加工となります。 その他の加工をご希望のお客様はご連絡をお願い致します。 ・シルクガード・ハジックガード加工等

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

京友禅 塩瀬九寸名古屋帯(文箱に乱れ紐・黒地)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 瑞々しい薄桜(うすざくら)色の地に、薄紫と淡い橙色の細い縞、そして"綾織"と呼ばれる織組織で細かな円形市松文様が織り出されています。草木の柔らかな色彩と美しい艶感。佐藤新一さんの"白たか・・・
  • いつまでも新鮮な美しさをとどめ、着る人に静かに寄り添う、そんな着物を…。きもの創り京都・小阪小阪豊さんの手がける染物は、古典を踏まえながらも、現代的な感性の意匠、都会的な色彩、そして着る人を・・・
  • 「玉むし」と呼ばれる、多色に染め上げた竺仙の浴衣です。やや薄手の綿紬生地に抽象的な竹垣と草花文様を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。竺仙では珍しい多色の浴衣ですが、使われている色と微妙な暈し具・・・
  • すっきりとした灰白色(かいはくしょく)の地色に、染疋田の蔦文様を染め上げた長襦袢です。生地はしっかりとした、それでいて捌きの良い精華生地を使用しています。着物のコーディネイトの中で、長襦袢の占める割・・・
  • 「糸が一番大切」この強い信念の元、座繰り【ざぐり】と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、一つ一つ確かめながら進む織、その全てを一貫して行う芝崎重一さん、圭一さんの座繰り紬です。「山桜」を・・・
  • “上布(じょうふ)”という言葉をご存じでしょうか。上質の麻織物をさす名称ですが、現在では越後・宮古・八重山など、限られた産地でごくわずかに生産が続けられています。そして今回ご紹介する、能登(・・・