トップページ > 商品紹介 > 友禅長襦袢(灰白色・楽器)

商品紹介

友禅長襦袢(灰白色・楽器)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

すっきりとした灰白色(かいはくしょく)の地色に、ピアノやドラム、トランペットなどの楽器柄を染め上げた長襦袢です。生地はしっかりとした、それでいて捌きの良い精華生地を使用しています。

着物のコーディネイトの中で、長襦袢の占める割合はどれくらいでしょう。特に着ている本人の目には、ほとんど触れることがありません。それでも、振り口や袖口からわずかに覗く長襦袢と着物のコーディネイトに心がときめく瞬間があります。手を抜こうと思えば抜けてしまう部分だからこそ、その方の好みやこだわりがとても強く表れる部分です。

また着物の着姿とって、長襦袢に使用する生地はとても大切です。長襦袢が綺麗に着れないと、その上に重ねる着物も美しく着ることはできません。肌に沿う柔らかさと、着姿を支える様な強さ。長襦袢に使用する生地には、そんなバランスが求められます。こちらの商品に使用されている生地は、長年の経験やお客様のご意見、また私たちも実際に着用し、その着心地に納得して取り扱っております。さらりとした着心地に、きっとご満足して頂けると思います。

小紋や紬、御召から、おしゃれ感のある付下などに合わせてお楽しみ頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

■お仕立てについて
検品・湯のしの後、弊店にて裁ち合わせを行います。その後弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい袖口や裾等の部分洗い(溶剤)や、半衿の掛け替えで十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■写真・色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。また染と織たかはしオンラインショップでは、その他の写真を多数掲載しております。ぜひご覧ください。
染と織たかはしオンラインショップ http://kimonotakahashi.shop-pro.jp

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

友禅長襦袢(灰白色・楽器)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約37.5cm
【生地丈】
約13.5m
【価格】
¥48.600-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 「光の小径(こみち)」と名付けられた、国画会大木夏子さんの型絵染め九寸名古屋帯です。大木夏子さんは1973年生まれ。女子美術大学芸術学部工芸科を卒業後、毎年国画会へ出品。新人賞、国画賞を受賞され、現在は・・・
  • 「糸が一番大切」この強い信念の元、座繰り【ざぐり】と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、一つ一つ確かめながら進む織、その全てを一貫して行う芝崎重一さん、圭一さんの座繰り紬です。「矢車の実・・・
  • 草木染め特有の“柔らかさ”を感じる淡い生成り色に、墨色と薄白茶色の濃淡で翁格子が織り出されています。手織りならではのふんわりとあたたかな風合い。信州・三才山(みさやま)の地で、草木染め手織りに拘る横山・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • 柔らかな赤みを感じる深い墨色(すみいろ)の地に、“緯吉野(ぬきよしの)”と呼ばれる織組織で間道文様が表現されています。反物に触れただけで分かる独特の糸使い。草木で染め手織に拘る、藤山千春さん・・・
  • 「琵琶螺鈿文(びわらでんもん)」と名付けられた、洛風林の九寸名古屋帯です。光の角度によって表情を変える、深みのある蝦色(えびいろ/深赤紫色)の地色。宝相華(ほうそうげ)と呼ばれる正倉院に伝わる琵琶にあしら・・・