トップページ > 商品紹介 > 国画会 山下健 綾織九寸名古屋帯(板締め絣)

商品紹介

国画会 山下健 綾織九寸名古屋帯(板締め絣)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

綾織(あやおり)と呼ばれる光沢感のある地風に、矢羽を上下にずらしたような独特の美しい経絣が織り出されています。染料となる草木の栽培から、染め(絣)、そして織(手織り)までを一貫して手掛ける国画会会員 山下健さんの綾織九寸名古屋帯です。

山下健(やましたたけし)さんは、1955年鳥取県生まれ。染織家の柳悦博氏の元で織を学んだ後、故郷の鳥取で独自の作品制作を続けられています。現在は国画会会員です。

山下さんの作品を代表する“板締め”と呼ばれる経絣。柔らかな生成りの地色に、濃茶と薄鼠色の濃淡、絣あしが映え、織物とは思えない“動き”のある表現です。そして地組織の綾織が光の角度によって帯地の表情を変え、一層深みのある仕上がりとなっています。

シンプルで洗練された意匠(デザイン)と、素材・技が互いに引き立て合い、本当に美しい仕上がりの帯地です。織物はもちろん、生地に風合いのある小紋などの染物などに合わせて頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。

*森田空美さんの著書「灰色光 Ash&Light」に、山下さんの作品が掲載されています。コーディネイトのご参考にご覧ください。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。帯芯の堅さや、寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

国画会 山下健 綾織九寸名古屋帯(板締め絣)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約35cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
売切御礼

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。深い藍鉄色(やや紫かかった濃藍色)に秋草をあしらった丸文を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿・・・
  • 野村半平(のむらはんぺい)氏をご存知でしょうか。明治37年結城市で生まれた野村半平氏は、高等小学校を卒業後、結城紬の職人の道へ。戦中の奢侈禁止令から結城を守り、国の重要無形文化財指定に奔走した、まさに・・・
  • 「甍波文(いらかなみもん)」と名付けられた、洛風林の袋帯です。すっきりとした淡い胡粉色の地色に“甍波(いらかなみ)”をモチーフにした意匠。甍とは瓦の事。重なり合う瓦を、寄せては返す波に見立て・・・
  • うっすらと赤みを帯びた黄橡色の地が、自然の色そのままの重なりで織り出されています。糸そのものの息遣いを感じる、しな布(科布・榀布とも)八寸名古屋帯です。絹や木綿が普及する遥か昔より、人々の生活に寄り・・・
  • 織物の聖地、京・西陣。かつてはいたるところで機織りの音が聞こえ、帯地を中心に盛んに織物が生産されていました。しかし現在では、その多くが西陣以外の場所で、そして機械式織機によって生み出されています。&・・・
  • 国の重要無形文化財として技術保存の指定を受け、織物の最高峰として愛される本場結城紬。数百年もの昔から糸を紡ぎ、絣を括り、機で織る。その長い長い工程の全てが、人々の手仕事によって受け継がれてきました・・・