トップページ > 商品紹介 > 芝崎重一・圭一 木綿着尺(象牙色・雨絣)

商品紹介

芝崎重一・圭一 木綿着尺(象牙色・雨絣)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

すっきりとした象牙色の地に、心地よい間隔を保ちながら雨絣模様が織り出されています。群馬県伊勢崎市で、座繰り紬を手掛ける芝崎重一さん、圭一さんの木綿着尺です。

東京から約80km。群馬県伊勢崎市の長閑な住宅地に、芝崎重一・圭一さん親子の工房はあります。“座繰り(ざぐり)”と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、そして手機による織。素朴で温かなその織物には、丁寧な手仕事がいくつも積み重ねられています。

「着物は着るもの。だから何よりも着やすく。そしてその為には糸を可能な限り傷つけないように」そんな思いから、現在のもの作りに行き着いた芝崎さん。座繰り糸特有の艶やかな質感と、光によって表情をかえる深い色。そして何よりも軽く捌きのよいその着心地は、着物好きなお客様から大変厚い信頼を得ています。

そして今回ご紹介する、こちらの木綿着尺。
絹(座繰り)の作品が主の芝崎さんですが、年に数反、手紡ぎの木綿糸を使い着物地を手掛けられています。素材(糸)こそ違いますが、草木染め、絣くくり、そして手機による織…座繰り紬(絹)と変わらない、丁寧な手仕事が重ねられています。

強い信念と、時間を惜しまない仕事。そして常により良い物を探求する心。「作家」というよりは、「職人」と呼ぶべきでしょうか。そうして真面目に真面目に織りあげられたこの反物からは、深い存在感を感じます。

よい織物とは?その一つの答えが、芝崎さんの反物にはあるように思えます。座繰りとはまた違った、木綿特有の柔らかな生地感をお楽しみ頂ければと思います。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

*芝崎圭一さんは、芝崎重一さんの息子さんです。現在はご家族で作品を作られています。
*森田空美さんの著書「灰色光 Ash&Light」に、芝崎さんの作品が掲載されています。コーディネイト・生地の光沢感のご参考にご覧ください。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿・袖口や裾等の部分洗いで十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■芝崎重一・圭一について
東京から約80km。群馬県伊勢崎市の長閑な住宅地に、芝崎重一・圭一さん親子の工房はあります。“座繰り(ざぐり)”と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、手機による織。「着物は着るもの。…続きは下記をご覧ください。
読み物|座繰り紬 -芝崎重一・芝崎圭一- http://www.okimono.jp/info/story_detail/index/21.html

芝崎重一・圭一 木綿着尺(象牙色・雨絣)

【素材】
綿100%
【生地巾】
約37.8cm
【生地丈】
約12.5m
【価格】
¥198.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 「玉むし」と呼ばれる、多色に染め上げた竺仙の浴衣です。やや薄手の綿紬生地に、市松と麻の葉を組み合わせた文様を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。竺仙では珍しい多色の浴衣ですが、使われている色と微・・・
  • 染織には人を魅了する不思議な力がある。たった一枚の布や裂が“人生を変える”そんな出会いになることがあるのです。今回ご紹介する手描きジャワ更紗の帯地は、そんな染織の不思議な力にみせられた藤井礼子さんの・・・
  • シンプルな小町(千両)形の台に、淡い濃淡で縞柄を織り出した麻生地の花緒を挿げた焼桐下駄です。すっきりとした台と花緒の組み合わせはコーディネイトの巾が広く、浴衣や帯の色も選びません。ついつい後回しにな・・・
  • 透明感のある淡い青藤色の濃淡で織分けた、柔らかな横段の地に「ヴェネツィア段文」と名付けられた文様が織り出されています。卓越した織の技術と美しい素材、そして吉野さんの新しい感性が調和した、美術工芸啓(・・・
  • たっぷりとしたシボの強り肉厚の縮緬生地に、三つ葉葵文を染め上げた工芸キモノ野口(京友禅)の小紋です。深みのある朱、はんなりとした紫、金彩に映える深緑…一つ間違えばまとまりがなくなりそうな挿し色・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。すっきりとした白地に、橙色(だいだいいろ)の暈しが印象的な撫子(なでしこ)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかで・・・