トップページ > 商品紹介 > 柳晋哉 綾市松染分け九寸名古屋帯(緑と黄)

商品紹介

柳晋哉 綾市松染分け九寸名古屋帯(緑と黄)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

東京都世田谷区、閑静な住宅街の一角に、柳崇さんと晋哉さんの工房はあります。
民藝運動の父と呼ばれた柳宗悦の甥にあたる、柳悦博氏が崇さんの父であり、晋哉さんの祖父にあたります。悦博氏から受け継いだ柳家の織と工房を、現在はお二人を中心にご家族で守られています。

「柳舎」と表札の掲げられたエントランスを抜け工房に入ると、使い込まれた高機や撚糸器が並び、染場を備えた土間が続いています。そして仄かに香る絹と染料の匂いがここで美しい手仕事が生まれている事を感じさせてくれます。

東京駅から工房まで眺めてきた都会の景色と工房のギャップに最初は少し驚きましたが、回数を重ねる度、晋哉さんの作品から感じる都会的な空気はやはりこの場所に工房があればこそなのだと思うようになりました。

そんな晋哉さんと初めてお会いしたのは七~八年前、お父様が出品をされていた京都の作品展での事でした。当時二十代の自分より若く、作家として染織を生業とする人との初めての出会いに、驚きと嬉しさが込み上げてきたのをよく覚えています。
*柳悦博…1917年生まれ。染織作家。伯父は柳宗悦、兄は女子美術大学学長を勤めた柳悦孝。芹沢銈介、白洲正子と親交。1995年逝去。


柳家の作品は、純国産の絹に拘り、糸の撚糸から、草木を主とした染め、整経や機織り、砧打ちなど、可能な限りの工程を工房でこなされています。
奇をてらわず、手間を惜しまず、美しい絹糸を、美しい作品に…そんな手仕事が、今も淡々と積み重ねられているのです。

「どこにでもあり、誰にでもできそうな
しかしその人にしかできない様な、素直でちょっと素敵な作品を…」

そんなお父様の言葉のように、素直で瑞々しい感性にあふれた作品は“柳晋哉”その人にしかできない織物なのです。


前置きが大変長くなりましたが、柳晋哉さんの九寸名古屋帯地です。
ごくごく淡い生成り色を基調に、緑と黄の締め切り絣、「綾市松染め分け」と名付けられた文様が織り出されています。シンプルで洗練されたデザイン、素材(糸)、そして晋哉さんの感性が混ざり合い、本当に美しい仕上がりです。

織物から小紋・色無地などに合せてお楽しみ頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなど、お気軽にご相談下さい。


■価格について
諸事情により販売価格は非表示とさせて頂いております。何卒ご了承下さい。ご購入ご希望のお客様は、お問合せフォーム・メール・お電話などでお気軽にお問合せ下さい。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿・袖口や裾等の部分洗いで十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

柳晋哉 綾市松染分け九寸名古屋帯(緑と黄)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
お気軽にお問合せ下さい

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 現在も様々な染織の技法が受け継がれる沖縄にあって、ひと際格調高い織物である首里織。元々は琉装と呼ばれる独自の衣装文化の中、琉球王朝時代の王族や士族など身分の高い人々の為に織られていたものです。沖縄・・・
  • *こちらはきものsalon2018年春夏号(2018/2/20発売)に、女優の知花くららさんご着用で掲載して頂いた商品です。現状は未仕立てとなっております。透明感のある淡柳色(やなぎいろ)の地に、「ムーア唐草文」と名付け・・・
  • 「貝寄風(かいよせ)」と名付けられた、国画会大木夏子さんの型絵染め九寸名古屋帯です。大木夏子さんは1973年生まれ。女子美術大学芸術学部工芸科を卒業後、毎年国画会へ出品。新人賞、国画賞を受賞され、現在は・・・
  • すっきりと…けれど単純な一色ではない薄卵色の地色に、手描きの糸目友禅で「麗唐花文」が描かれた京友禅の付下です。長い時間をかけて磨かれてきた唐花文様を、現代の感性を生かした構図と配色で表現して・・・
  • 「今どきこんな美しい布はめったにないのです」民藝運動の父、柳宗悦の著書「芭蕉布物語」の一節です。沖縄県大宜味村喜如嘉(きじょか)。ここで平良敏子さんを中心に、かつて柳宗悦が訪れたこの地でみた芭蕉布の・・・
  • 瑞々しい淡い群青色の地に、銀箔の立涌を背景に「松藤文」と名付けられた文様が織り出されています。ふっくらとした絵緯(えぬき・文様を織り出す横糸)が印象的な、齋藤織物の唐織袋帯です。手織ならではの、適度・・・