トップページ > 商品紹介 > 信州飯田紬 手おりの中の手織(草木染・廣瀬草木染織工芸)

商品紹介

信州飯田紬 手おりの中の手織(草木染・廣瀬草木染織工芸)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

どんな言葉で表現すれば、この織物のふんわりと優しい質感がお伝えできるでしょうか。他のどの産地、作り手のものとも異なる、唯一無二の"絹味"。"手おりの中の手織"と名付けられた、廣瀬草木染織工芸・宮嶋春子さんの草木染め手織り紬です。

南アルプスを望む長野県飯田市。自然豊かなこの町に廣瀬収宏さんが営む廣瀬草木染織工芸はあります。現在は廣瀬さんご夫婦と、長年共に織の仕事を続けてこられた織子さん(宮嶋さんなど)によって、素朴で丁寧な織物を手掛けられています。

廣瀬さんの手がける織物は、使用される糸や織の手間暇によって4つの種類(ランク)に分けられています。 それぞれの細かな説明は省略しますが、手間暇・仕事量の順に…
草木染無地紬→草木染飯田紬→じょうずな手織飯田紬→手おりの中の手織 の4種類に分けられています。

そして、今回ご紹介する"手おりの中の手織"。
広瀬さんの工房で最も手間暇を掛け、理想とする織物に仕上がったものにだけに、この証紙(ラベル)が張られています。広瀬さんの理想である"人にやさしい織物"を表現するために"手おりの中の手織り"は全ての工程において、惜しみない時間と手仕事が重ねられています。

まずは"糸”。手引きされた真綿糸はたっぷりと空気を含み、絹本来の艶と伸縮性を保ったまま、織物へと姿を変えていきます。効率や織易さとは真逆、"糸に寄り添う心"がなければ扱う事は出来ない、わがままだけれども、着る人に沿う優しい糸です。

次に"染め"。近隣の山々の草木から取り出した色が、糸に吸い込まれていきます。廣瀬さんの草木染めは、不思議と薄色~中間色までの色味が主流。以前お伺いした際に、このことをお尋ねすると…
「濃い色染めるには、どうしても何回も重ね染めをして、媒染を繰り返さなくちゃいけない。糸を痛めない様に…と思うと、優しい色になるんだよ。着物は着る物だから。」

そして最大の特徴ともいえるのが、その織。一般的な機織りのように"パンッパンッ"と激しく糸を打ち込む様子はまったくありません。機にかかった経糸が弓なりにたわみ、そこに筬で押し込むように"グッグーッ"を横糸が織り込まれています。糸を痛めなように…柔らかな織物になる様に…そんな想いが伝わってくる、廣瀬さん独特の織り方です。
*工房にお伺いした際に見せてい頂いた機織りの動画を、オンラインショップに掲載しております。宜しければご覧ください。

こうしてようやく織りあがった反物を、さらに砧で叩き、艶と柔らかさを引出します。廣瀬さんの体調や織子の方々の高齢化もあり、"手おりの中の手織"は現在、月に1反程しか織り上げることができない大変貴重なものとなりました。

"手おりの中の手織り"その言葉に偽りはありません。
それは様々な産地や作り手の織物を御召になってこられた方程、はっきりと感じて頂けるはず。私の拙い文章と写真では、この織物の質感と美しさの半分もお伝えできていないと思います。ぜひお手に取って、手仕事の素晴らしさをご覧頂ければ幸いです。お手持ちの帯とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。袷仕立てをご希望のお客様は、ご注文時に八掛の色目(地色共・ご希望の色等)と、無地か暈しのご指示をお願いいたします。寸法のご相談などございましたら、お気軽にお申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、汚れやすい衿・袖口や裾等の部分洗いで十分です。長期間の保存の前や、シーズン終りなどには、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

信州飯田紬 手おりの中の手織(草木染・廣瀬草木染織工芸)

【素材】
絹100%
【生地巾】
約39.5cm
【生地丈】
約12.5m
【価格】
¥440.000-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。白地にすっきりとした芒(すすき)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかです。また竺仙の綿絽は段絽(乱絽)と言い、絽・・・
  • すっきりと…けれど単純な一色ではない薄卵色の地色に、手描きの糸目友禅で「麗唐花文」が描かれた京友禅の付下です。長い時間をかけて磨かれてきた唐花文様を、現代の感性を生かした構図と配色で表現して・・・
  • *こちらは美しいキモノ2018年春号(2018/2/20発売)に、女優の羽田美智子さん着用で掲載して頂いた商品です。現状は未仕立て(反物)となっております。深みのある錆藍地に、大胆な斜め松皮取りの辻が花文様が染めら・・・
  • 濃い墨黒の色目が新鮮な小町(千両)形の台に、灰色濃淡の小紋柄の花緒を挿げた桐下駄です。すっきりとした台と花緒の組み合わせはコーディネイトの巾が広く、浴衣や帯の色も選びません。ついつい後回しになりがち・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • 生引き糸の艶やかさを感じる白練色の地に「縞熨斗目(しまのしめ)」と名付けられた文様が織り出されています。卓越した織の技術と美しい素材、そして吉野さんの新しい感性が調和した、美術工芸啓(びじゅつこうげい・・・