トップページ > 商品紹介 > 万能桐小物箱(二段+かぶせ蓋)

商品紹介

万能桐小物箱(二段+かぶせ蓋)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

きもの好きにとって小物の収納は頭の痛い悩みです。出来るだけコンパクトに、かつ分かりやすく…そんなお客様の声から生まれた弊店オリジナルの万能桐小物箱。

取り外しが可能な仕切り付の収納箱二段に深めのかぶせ蓋がついています。帯〆なら最大で48本程度収納が可能。仕切りを取り外せば、着付けに必要な前板・帯枕・腰紐・伊達〆などの小物や、かんざしや半衿掛けの裁縫道具をまとめて収納できます。

製造は京都の老舗桐箱メーカーによる安心の日本製。素材は絹の保存に適した本桐を使用しています。

■寸法について
かぶせ蓋外寸 巾約54.5cm・奥行約35.5cm・高さ約6.3cm
収納箱外寸  巾約52.5cm・奥行約33.5cm・高さ約6.5cm(一段)・仕切り巾約6cm

■自然素材について
自然の素材を使用しているため、1点1点わずかに寸法・木目等が異なる場合がございます。また細かな節や自然の傷がみられる場合がございます。自然素材の証として何卒ご理解ください。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

万能桐小物箱(二段+かぶせ蓋)

【素材】
桐100%
【生地巾】
かぶせ蓋外寸 巾約54.5cm・奥行約35.5cm・高さ約6.3cm
【生地丈】
収納箱外寸  巾約52.5cm・奥行約33.5cm・高さ約6.5cm(一段)・仕切り巾約6cm
【価格】
¥15.200-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 野村半平(のむらはんぺい)氏をご存知でしょうか。明治37年結城市で生まれた野村半平氏は、高等小学校を卒業後、結城紬の職人の道へ。戦中の奢侈禁止令から結城を守り、国の重要無形文化財指定に奔走した、まさに・・・
  • まるで織物のような細かな模様。これは、糸のように細くした竹を丁寧に手で編んで繊細に表現した竹細工です。タイのバンコク郊外、自然豊かな工房で女性を中心とした職人たちが、竹を細かく裂いたり、染めたりし・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • やや踵の高い舟形の台に、シンプルな麻の花緒を挿げた鎌倉彫下駄です。深みのある溜色(渋い赤茶)色に映える麻の葉模様の彫目が美しく、シンプルな組み合わせですがしっかりとした存在感を感じさせてくれます。花・・・
  • 瑞々しい淡い群青色の地に、銀箔の立涌を背景に「松藤文」と名付けられた文様が織り出されています。ふっくらとした絵緯(えぬき・文様を織り出す横糸)が印象的な、齋藤織物の唐織袋帯です。手織ならではの、適度・・・
  • 「糸が一番大切」この強い信念の元、座繰り【ざぐり】と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、一つ一つ確かめながら進む織、その全てを一貫して行う芝崎重一さん、圭一さんの座繰り紬です。「山桜」で・・・