トップページ > 商品紹介 > 喜如嘉の芭蕉布 九寸名古屋帯(生成り・ジンダマーハナユイ)

商品紹介

喜如嘉の芭蕉布 九寸名古屋帯(生成り・ジンダマーハナユイ)

この商品についてのお問い合わせ

この商品を注文する

※オンラインショップへ移動します。


商品説明

「今どきこんな美しい布はめったにないのです」
民藝運動の父、柳宗悦の著書「芭蕉布物語」の一節です。

沖縄県大宜味村喜如嘉(きじょか)。ここで平良敏子さんを中心に、かつて柳宗悦が訪れたこの地でみた芭蕉布の生産が続けれています。琉球の強い日差しに照らされて、一層輝きを増す芭蕉布。平良さんの人間国宝への認定、そして「喜如嘉の芭蕉布保存会」もまた国の重要無形文化財に認定されていますが、その道のりは決して平坦なものではありませんでした。戦後の芭蕉布復興は平良敏子さんの尽力によって実現したのです。

大正14年、大宜味村喜如嘉で生まれた平良敏子さん。第二次世界大戦が始まると「女子挺身隊」として岡山県倉敷市へ。倉敷紡績の工場で飛行機を組み立てる仕事に従事します。そしてこの倉敷で、その後の運命を決める倉敷紡績の大原総一郎社長、倉敷民藝館の外村吉之介氏と出会い、終戦後、外村氏の元で織物の勉強が本格的にはじまりました。

外村氏から紹介された、冒頭の柳宗悦の著書「芭蕉布物語」、そして大原氏・外村氏の民藝に対する想いに感銘を受け、芭蕉布を織る決意を胸に、昭和21年喜如嘉に帰郷した平良さん。しかし戦後の混乱、需要の低下、経済的な困窮など芭蕉布を取り巻く環境は大変厳しいものでした。
初めは良い糸が得られず、テーブルセンターやクッションなど小物を制作していたといいます。次第に近所の人々の協力を得て、きものや帯地の制作が本格的にはじまります。技術・品質の向上につとめ、「沖展」への出品を皮切りに、本土での「伝統工芸展」や「日本民藝館展」での出品・受賞を重ね、昭和47年に県の無形文化財、そして昭和49年には平良さんを代表とする「喜如嘉の芭蕉布保存会」が国の重要無形文化財の認定を受けます。この頃には沖縄が日本に返還され、“喜如嘉の芭蕉布”は全国的に広く認知されるようになっていきました。


芭蕉布はまず糸の原料である“糸芭蕉”を育てるところから始まります。喜如嘉の工房から数百メートル、広々とした畑に植えられた糸芭蕉は人の背丈を超えるほどの大きさ。糸がとれるようになるまでは3年程かかります。これを刈り取り、茎の皮を剥ぎ、灰汁で煮て乾燥させた後、繊維を手で績んでいきます。繊維の太い外側から座布団や小物用、次に帯地、そして着尺(きもの地)に使用され、着尺1反分の糸を績むには約200本の原木と数か月もの時間が必要です。

1本1本丁寧に手で績まれた糸は、撚りを掛け絣をくくり、琉球藍や車輪梅(テーチ)の染料で染められていきます。喜如嘉では糸染めに使用する“草木”から、釜を焚く“薪”、染色に使用する“酢”作りまで、できる限りの材料をこの土地から賄っています。「可能な限り喜如嘉の土地が育んだものを使用しています。別に特別なことをしているつもりはないのよ。だって“喜如嘉”の芭蕉布だから。」平良さんの義娘、平良美恵子さんの言葉がとても印象的でした。

こうして丁寧に用意された糸が機に掛けられ、ようやく織の工程へ。トゥイグヮー(鳥)、カジマヤー(風車)といった琉球らしい絣模様が次第に姿を現していきます。
「芭蕉布作りにおいて”織”は1%」そんな風に、芭蕉布に携わる方々は仰います。芭蕉を育てることから始まる20以上の工程が、いかに時間と手間のかかるものであるかを象徴的に表しています。そしてその全ての工程が人の手によって、昔のまま変わらず受け継がれています。

芭蕉布とあゆみ、芭蕉布に人生を捧げた平良敏子さん。99歳を迎えられた現在も、毎日工房で静かに芭蕉布と向き合っておられます。「今でも毎朝一番に工房を開けるのは、母なんですよ」そう仰る美恵子さん。これからもどうかお元気で、美しい布を織り続けて下さることを願っています。

前置きが大変長くなりましたが、喜如嘉の芭蕉布、九寸名古屋帯地です。
生成りと薄赤茶で横段を織り出した地に、ジンダマー(銭玉)とハナユイ(花結)と呼ばれる、琉球の伝統的な絣文様が織り出されています。
芭蕉布ならではの適度に張りのある地風、少しずつ変化していく風合いを楽しみながら、末永くご愛用頂ければと思います。お手持ちのお着物とのコーディネイトなどお気軽にご相談下さい。


■お仕立てについて
弊店にて検品後、弊店の基準に合格した国内の熟練の和裁士さんにお仕立てをお願いしています。寸法のご相談などございましたら、お申し付けください。

■お手入れについて
日常のお手入れは、部分的なしみ落としで十分です。長期間の保存の前や、全体の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングをお薦めしています。ご家庭での水洗いは出来ませんので、ご注意下さい。

■色について
HP上の商品の色は可能な限り、現品に近づけてはおりますが、お客様のご使用のパソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますよう、お願いいたします。*パソコンで綺麗に表示されない場合、iphoneやスマートフォンからアクセスして頂くと、綺麗に表示される場合があります。

■お手元での商品確認サービス
こちらの商品はお手元で実際の商品をご確認いただけます。尚サービスご利用には仮決済が必要です。詳細はオンラインショップをご覧ください。

■在庫について
実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いても売り切れの場合がございます。先着順にご紹介いたしますので、何卒ご了承下さい。

喜如嘉の芭蕉布 九寸名古屋帯(生成り・ジンダマーハナユイ)

【素材】
芭蕉100%
【生地巾】
約34.5cm
【生地丈】
約3.7m
【価格】
¥547.800-(税込)

この商品をみたお客様は、こんな商品もみています

  • 菊唐草を織り出した照りのある紋意匠の地に、“二重菊(ふたえぎく)”が絞り染めによって描かれています。京都らしい艶やかな配色と絞りの柔らかな輪郭線が美しい、九寸名古屋帯です。友禅染めが生まれ・・・
  • 竺仙の高級浴衣、奥州小紋の浴衣です。経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。やや錆びた藍色で染め・・・
  • 北村武資氏は1935年京都生まれ。京・西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。氏が織の世界に入って六十余年。羅と経錦、二つの人間国宝(重要無形文化財保持者)・・・
  • 竺仙で近年人気のある綿絽の浴衣です。すっきりとした白地に、橙色(だいだいいろ)の暈しが印象的な撫子(なでしこ)を注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿絽はコーマよりも軽く、風を通し見た目にも涼やかで・・・
  • 「糸が一番大切」この強い信念の元、座繰り【ざぐり】と呼ばれる機械に頼らない糸作り、草木による染め、一つ一つ確かめながら進む織、その全てを一貫して行う芝崎重一さん、圭一さんの座繰り紬です。「山桜」で・・・
  • しっとりと深みのある藍鉄色の地に、綾織と呼ばれる織組織で細かな"組違い小市松文様"が織り出されています。美しい艶と透明感のある色彩。菊池洋守さんの八丈織です。菊池洋守さんは、1940年東京都八・・・